木曜日, 4月 12, 2012

Titanic 3D



これを最初に見たのって20代だったな。。。と思いつつレイトショーで観てきました。
実は視力が左右でかなり差があるため3Dの恩恵があるのかどうか不安でしたが、字幕が端の方へ行ってしまう場面以外はちゃんと3Dで観れました(^^)

しかしながら。。。。酔う。

3時間近くも3Dの世界に居ると、バルト9のエレベーターまで3Dになってる気がするwww

で、映画の方ですが内容は皆様ご存じの通り。
もうDVDなどを含めれば20回以上観てるけど、毎回観たときの想いが違いますね。
キャメロン監督は、この映画をヒットさせる為に170以上の人種と人格を織り交ぜて制作に当たったそうですよ。(数え切れんかったけど・・・)
なので誰かには親近感が湧くんだとか。
観る年齢にもよるんだと思いますが、なるほど・・・と思い当たる節もあります。
だいたいは人間は似通ったような人を探してしまう癖があるのかも知れませんね。
これは制作者の端くれとしては勉強になりました。

ちなみに音楽もリマスターされてたぽいです。
どうせだったら、新録してheart will goneを2012年バージョンにしても良かったんじゃないかなと職業的感想。

まだ観たことがないと言う人は劇場でご覧になることをお勧めします。
チケットショップで前売りが売っているのですが、Taitanic号のチケットぽい券なのでこれも結構良いかもです。
3Dメガネ代は別払いなので400円余分にかかりますのでご注意。
さすがに現在公開されているような映画と比較するとスピード感もゆったりしていますし、デジタルエフェクトなどもじ~っと観るとやはり今の時代ってすげぇんだなって思うところは一杯出てきますが、ストーリーにじっくりと引き込まれていける秀作だと思います。