月曜日, 3月 19, 2012

We don't need another Hero



OUT OF THE RUINS
OUT FROM THE WRECKAGE
CAN`T MAKE THE SAME MISTAKE THIS TIME
WE ARE THE CHILDREN
THE LAST GENERATION
WE ARE THE ONES THEY LEFT BEHIND
AND I WONDER WHEN WE ARE EVER GONNA CHANGE
LIVING UNDER THE FEAR, TILL NOTHING ELSE REMAINS

WE DON`T NEED ANOTHER HERO
WE DON`T NEED TO KNOW THE WAY HOME
ALL WE WANT IS LIFE BEYOND
THUNDERDOME

LOOKING FOR SOMETHING
WE CAN RELY ON
THERE`S GOTTA BE SOMETHING BETTER OUT THERE
LOVE AND COMPASSION
THEIR DAY IS COMING
ALL ELSE ARE CASTLES BUILT IN THE AIR

AND I WONDER WHEN WE ARE EVER GONNA CHANGE
LIVING UNDER THE FEAR TILL NOTHING ELSE REMAINS

ALL THE CHILDREN SAY
WE DON`T NEED ANOTHER HERO
WE DON`T NEED TO KNOW THE WAY HOME
ALL WE WANT IS LIFE BEYOND
THUNDERDOME

SO WHAT DO WE DO WITH OUR LIFES
WE LEAVE ONLY A MARK
WILL OUR STORY SHINE LIKE A LIGHT
OR END IN THE DARK
GIVE IT ALL OR NOTHING

WE DON`T NEED ANOTHER HERO
WE DON`T NEED TO KNOW THE WAY HOME
ALL WE WANT IS LIFE BEYOND
THUNDERDOME


何かすごい歌詞ですね。
好きだった曲なんだけど、改めて聞いてみると深いなと思う誕生日。

分岐点。
誰にでも訪れるややこしい奴。

魅力的な選択肢もあるし、どっちに行っても地獄な選択肢もあります。
自分の調子が悪い時ほど、どっちを選べば良いのか分からなくなる。
なのに、そんな時に限ってやってくる選択肢は重要なものばかり。。。。

どっちかを選ばなきゃいけないんだということすら知らなかった子供の時は常に幸せでいられるんだな。。。


誰かに選んでもらって後で後悔するか。。。
自分で選んで後悔するか。。。

どっちを選んでも後悔はする。
それでも「選んだ」という事実はずっとずっと先になってから自分を守れる武器にはなってるんですね。

ティナのこの曲を聴いていた頃の自分が今頃になってじわじわと追いかけてくるような気がします。

事態がより深刻になるのは、どっちも選ばないということ。
選ばない事で後悔するには年を取りすぎたし、選ぶ事で後悔するほどもう若くも無いという何とも中途半端な年齢になりました。