火曜日, 3月 06, 2012

色あせないものに。。。

今日の午前中は金曜日に発売のせまったCDの案内にCDショップでの営業に行かせていただきました。

吉祥寺~池袋~秋葉原ルートで回りましたが、ちょっとご無沙汰していたお店なんかもスペースが縮小されていたりする現実を目の当たりにして厳しさをしっかり味わって来ました。

普段はインストア中心に動かせて頂いているため、お店回りもショッピングセンターさん中心になっていたのですが片手落ちになってしまっていましたね。。。

夕方からちょっと時間があったので、久しぶりに所有しているCDの整理なんかをポチポチとやってたのですがけっこう年代物でも今聞いてみると新鮮だったりしますね。
色あせない物を作り手として世の中に出して行くってことの難しさと楽しさが改めてわかりました。

PCだと余程の事がないと聞きたい曲だけしか聞かなくなってますが、CDというパッケージの存在があると「あ~これこれ~」と聞き直してみたくなるもんです。不思議。

最近は歌手を目指してます!と言う若者であっても自宅にコンポすら持ってない子も多く、大多数の子が携帯か携帯プレイヤーに曲を入れてイヤホンで聞いています。
時代の流れなので抗う事はしませんが、自分はやっぱり音楽はスピーカーで聞きたい派かな。
もちろん、生演奏に勝る臨場感は無いですが。。。

昔、東京に出てきた頃の部屋で一番最初に買ったのはテレビでも無く、布団でも無く、CDデッキだったことを思い出します。
新宿3丁目にあったヴァージンメガストアで何時間も考えてCDを1枚買ったのが昨日のようです。
今ではもうそのヴァージンも無く、ファッションのお店に変わってしまっていますが・・・

よく先輩に音楽って人間にとって無くてもよいものなんだから「良い物を作らなきゃ売れないんだ」という話を聞かされていたのですが、自分の感覚だと「音楽って無いとかなり悲惨なもの」なんです。
音のまったく鳴らない部屋に何日も居ると平衡感覚を失って行くんです。

そうそう、もう10年以上前にどうしても聞きたかった曲。