金曜日, 3月 18, 2011

被災地へ向けた新宿区の支援

被災地へ向けた新宿区の支援
各区、各団体が被災地への支援に取り組んでいいますが、昨日の段階で新宿区は以下のような取り組みを始めました。
東北関東大震災被災地への物資提供と
区内街路灯の節電について
新宿区(区長:中山弘子)は、今日、17日(木)、東北関東大震災被災地への支援物資として、食糧・毛布等を提供することを決定した。全国市長会を通じて、被災地へ提供する。
また、節電対策として街路灯の部分消灯を開始した。新宿駅東南口広場等での全消灯も含め、全33路線576基を順次、消灯する。
■提供する支援物資
 アルファ化米5,000食
 乳幼児用粉ミルク(300g缶)1,800缶
 ろうそく20,000本
 子ども用紙おむつ1,000枚
 災害用トイレ(和式テント付き)200台
 毛布1,000枚
 生理用品5,400枚
 自転車(中古)600台
新宿区議会は3月22日(水)午後4時から新宿駅西口において、有志として募金活動を行うことにしました。
23区は共同で10億円義捐金を送ることを決めました。
区内の被災者への対応と東北地方への支援を急いで実施しつつあります。

from
http://nemoji.blog.ocn.ne.jp/ashita/2011/03/post_a6be.html