水曜日, 5月 26, 2010

頭の中の消しゴム

坂本真綾さん

08. 失恋カフェ
作詞:坂本真綾 作曲:TABO 編曲:中村タイチ
piano 中村タイチ
drums 玉田豊彦
bass 宋秀治
keyboards 五十嵐宏治
percussion 前田卓司
tenor sax 山本拓夫
trumpet 西村浩二
trombone 村田陽一
backing vocals 坂本真綾
recording & mixing engineer 山田信正


マクロスで坂本さんを知ったあなたもこれは買いですよ!!

前々から素敵な声の方だと思って聞いてたこのアルバムですが、我らの五十嵐宏治氏の名前があるじゃないですか!
歌詞カードをしっかり見ようと決意しました。
マネージャーのくせにどこか抜けてる私。。。。

坂本真綾さん他ほぼ日替わりで女優さん、俳優さんが出演される「頭の中の消しゴム」http://keshigomu1.exblog.jp/
のゲネリハを夕方から拝見して参りました。

拝見というよりも押しかけに近かったですが・・・
舞台を拝見すると明日からの公演のセットも既に組まれており、音楽の流れるシーンなども確認されていよいよだなぁと思います。

超個人的には、結婚式のシーンで使われる予定の音楽(五十嵐宏治氏 作曲・編曲)がすごく印象に残ってます。
もちろん光の作り方など細部に渡って調整が行われていますので、ご覧になる皆様ががっかりするということは間違いなくございません!です。

物語りも映画でご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、映画とは違った生の迫力も楽しめると思います。
とても緊張感が漲る舞台です。
ゲネを拝見してるだけでも結構ぐっと来ます。

ぜひ、銀座ルテアトルに足を運んでくださいませ!

さてさて、今日は毎月一回行われる立川先生の会合に出席して来ました。
立川先生は全国を飛び回る事業再生コンサルタントですが、博識でいつも面白いお話をしてくださいます。

今日印象に残ったのは、約3年前から言われていたことらしいのですが「これからのビジネスは感動」がキーワードということですね。
日本という国では、まず歌が流行して、その次に歌に合わせるかのように時流がついてくるんだそうです。
その話を聞いて
「赤い林檎に唇よせて~」
しか思い浮かばない私は、かなり頭の中が貧弱なのですが。。。
脳がいつまでも戦後なのです。

川の流れのようにとか、大流行する歌の後に何が起きたか?をじっくり研究してみようかな。。。
エンターテイメントって言うのは、よくあってもなくても良い仕事だといわれますが、この立川先生の言葉を聞いてかなり自信を持ってしまいました。

ま・・・・実際に働いているのは私ではなくアーティストの皆様ですがww

ええぃヒット祈願!!