火曜日, 1月 19, 2010

言葉や文章には。。。

ブログとか、毎日書いてるビジネス文書とか丸一日何も書かないという日は無いほど文字を打ってることが多いんだけど、これはある意味恐ろしい行為なのだなとふっと思いました。

どんなに素晴らしい文字を書きたてようが、逆に荒っぽい言葉であろうが、裏側にある人間性というのはきっちりと感じられるものだなぁとふっと思うのです。

もちろん、音楽だってそうなのでしょうね。
正しい音階、綺麗な音、そんなのをたくさん並べてあったたとしても歌い手とか、作り手の人間性は嫌でも出てるんだろうなと思うんです。

内容的には素晴らしい事なのに、書き方も情熱的なのに、何だか薄っぺらい。
そんな風にはなりたくないもんです。


いや、だからってこの文章が良いわけではないです。はい。

精進します。
特に人間性を。


今日は渋谷で某パーティに出席してきましたが、むむぅ討ち死にとはこんな感じなんだろうな・・・というのが正直な感想。
まずは人の多さに酔ってしまった。
場所の豪華さに酔ってしまった。

先にお酒飲んでおくべきだった。

何を思ったかウーロン茶で過ごしたため、テンション上げるのにかなり時間を要す。
飲んどけ!自分。

勢いつけるべく近くに居た方に名刺交換お願いしてしまったんだけど思いっきり同業者のしかもかな~~~~り各上の先輩の会社で恐れ入った。
お相手の会社名くらい確認しろ、自分。

その後は、知り合いの社長と行きつけのお店に行って楽しく飲ませてもらった。
中澤も参加。
閉店間際だっちゅうのに、飲み続ける3名。
あぁホームがあるってありがたい事なんですね。

(お店の許しは得てないけど、勝手にホームにしておいた。)

『いつもの』で出していただけるお酒に、何だか人の暖かさの大切さをじんわり感じる夜でした。