土曜日, 1月 23, 2010

43歳 指圧初体験記

生まれてから一回も指圧を体験したことがありません。
いや、ありませんでした。

今日、友人である指圧屋本部の吉田あん摩マッサージ師に指圧を受けました。

では、私のように指圧を生まれて一度も体験した事が無い人の為に詳細に解説を!

『まず、左からやりましょうか・・・』
という言葉に促されて、右半身を下に左の首の辺りから指圧していただきました。

指圧と言うのは、うつ伏せに寝た状態で始まると思っていたのですが、違うんですねぇ。

さて、この指圧と言うのは筋肉に溜まってしまった老廃物などによる『張り』を正に字のごとく『指』で圧してほぐすという作業なんだそうです。

私の第一声↓

『ぐへぇ』

腕というのは、首の付け根と肩甲骨の付け根の日本の筋肉で「吊っている」んだそうです。
つまり、何もしなくても「常に筋肉が使用されている状態」で一見健康に見える人でさえも、筋肉は張ってくるのが普通だそうです。

さぁ40年以上もほぐしたことの無い筋肉はいったいどうなっているのか?
というと「かなり固い」んだそうで、どえりゃ痛いです。

そんなにチカラ入れてないですよ~といわれましても、足が自然にジタバタするくらい痛いもんなんですね。
バラエティ番組で、足裏を棒のようなもので押されるというのがありますが芸人さんは大げさにやっているのだろう・・・なんて思ってたのが間違いであることはスグに分かりました。

しかし、最初は痛かったのですが何度かほぐしてもらう内に「スッー」としたメントールのような感覚が足の先に伝わってくるようになります。
イメージ的に言うと、肩にあった血が足まで循環してまた心臓に帰っていくのが感じられるというような不思議な感覚です。
どんだけ血止まってんねん!と言うことなのでしょう。
それにあわせて痛みは小さくなり、「軽い」と言う感覚に変わります。

肩のあたりから、段々と指圧していただく場所は下へ移動です。
次にお尻のちょうど付け根(ぽこんと凹んでいる場所)を指圧されたときは、「うぎゃぁぁぁぁぁ」と言ってしまいます。

この辺りは、立ったり座ったりするときに使う筋肉らしいです。(確か)
人間は二足歩行なので、この筋肉もオーバーワークな状態が続いていて、放置しておくとギックリ腰の要因にもなり得るらしいです。
腰は何度か痛めているので、怖いです。
しかし、指圧は「いってぇぇぇ」。

そして更に指圧箇所は、下へ行きます。
もう痛いの慣れてきた・・・なんて甘いことを薄っすら考え始めていたころ、ソレはやってきました。
脹脛の裏側。
通称、第二の心臓ですね。
ここの痛さと言ったら、痛すぎて笑いが出ます。
(リアルに)
あまりにも可笑しいので、タオルを噛ませてもらいましたが、そんな自分を想像して更に可笑しくなり、笑いが止まりません。
足がジタバタするとかのレベルではなく、腰から上半身がグラインドするくらいの痛みです。
もう声も出ません。

タオル噛んでいるクチから涎も出ますが、もう構ってられません(笑)

通常なら足裏までやるそうですが、私はあまりにも筋肉が固まっていたため本日は左右チェンジ。
左でもう慣れちゃった・・・なんてことはありません。

右も同様に痛いです。
ただ、右は利き腕のせいか痛みも左ほどではない感覚でしたが、実際には右側の使用頻度が高いので右がしっかり硬くなっているんだそうです。

右も同様に、脹脛まで指圧して頂き時間はここで2時間近く経過していました。
本人の感覚では、30分くらい・・・・???
物凄い時間が経過するのが早く感じられてしまいます。
あまりにも「痛い、痛い」(実際には、いでぇ、いっでぇぇぇとしか言えない)と私が言うので、今日はここまでにしましょうということになりました。

そこでまだちょっと話している最中に、「腕の上下運動を激しくするでしょう?」と言われたので、(機材重いな~)と軽く思って「はい、まぁ使う方ですね」と答えた私。

肘の辺りの筋肉をクリクリっと押されただけで「うっげーーーーーーーーーーーーーーっ!」の痛さ。
筋肉って鍛えればいいってもんじゃないらしいです。
ちゃんとほぐさないと・・・・・・・・ね。

こうやって人生初指圧体験は終了するのでした。。。
あん摩マッサージ師の方々の仕事って本当に大変だなぁと思いました。

やって頂いている私は、子供のように「痛い、痛い」を繰り返してれば時間は過ぎていますが、施術している側の人は辛抱強く固まった筋肉をほぐすという作業を延々とやらねばならないのですもんね。
余談ですが、歌と一緒で「気をこめる事が施術の基本」なのだそうです。
なるほど・・・

気をこめるというのは、集中力なのでしょうね。
この集中力がある一定のゾーンを突き抜けると「気」となって相手に入っていくものなのかなぁと勝手な想像をしています。
(だから、誰だって出来ると言うもんじゃないんだろうな・・・)

さてさて、指圧をして頂いてから約3時間ほど経過した今ですが、まず感じられるのは「首の軽さ」です。
今まで肩が凝ってるなという感覚はいつもあったのですが、そんなに大した事は無いと思っていました。
しかし、実際には相当固まってしまっていたようですね。

それと、自分でもびっくりする感覚ですが、「まぶたが軽い」
まぶたなんて、もともと軽いのでしょうけど。。。感覚的に言うと「軽い」が一番適切です。

一生懸命開いておこうとしてなくても、自然にまぶたが開いている感じです。
これは、老眼が進んだんだろうなくらいに思っていたのですが、指圧のおかげで血行が良くなったという結果なのでしょうか???

と言うわけで、人生初体験が終了。
指圧は、肩こりとか腰痛というイメージが強い方が多いかもしれませんね。
しかし、私が今日やっていただいた感覚だと、全身のメンテナンスという感じでした。
具体的に「ココが・・・」という感じのある方とまた感想はちょっと違うかもしれませんが、ぜひ大勢の方々が体験されたらいいのに・・・と思います。

http://shiatsuya.kilo.jp/index.html
指圧屋本部
出張専門で、自宅まで来ていただけます。
施術は最低2時間で3時間までは料金が一律です。