月曜日, 8月 24, 2009

DVDドライブ交換




このところ、DVDドライブの調子がいまひとつというか、エラーDVD作成しまくりで既に10枚以上の白DVDを失った。
最初はメディア(かなり安い某三菱製)だからかな?と疑ってみたんだけど、テレビと繋がっているDVD録画機では問題ないみたいなので、いまだにVaioRZ65なんぞという恐ろしく年代物のPCを使っているから?という結論に達したので交換をしました。

バッファローの公式サイトでは、SONY RZ65に正式対応していないことになっているので、6000円強は最悪捨てる覚悟のかなりの冒険でしたが・・・結果はすべてオーライ!
ただ、書き込みランプは点かなくなってしまったので、ちゃんと書き込んでるのかどうか微妙な不安があったんですが、テストで1枚CDを焼いてみたらOKでした。

PCの裏ブタを開けて汚れにちょっと引きつつ、一番丈夫のベイを取り外そうとしたのですが買ってから一回もベイなんぞ動かしたことがなく固くなっててかなり苦労。
チカラワザでベイを取り外し、こんどは線をはずそうとしたんですが、こいつもかなり固まってました。
プラスティックだって人間と同じく年齢重ねると頑固になるのですね。
購入した新しいDVDドライブは、元々Vaioについていた物より約1センチほど小さく、これ線伸びるのか?と多少の不安もありましたが、無事に取り付け完了。

ちょい欲張りになって、CPUファンにグリスも塗っておきました。
買い置きしてて良かった(ほっ)

去年にHDDも交換して、さらにグラフィックボードも交換してしまったので、もうかなりの割合でSONYじゃなくなってます(笑)



それにしても、HDDとかいずれダメになる部分は長く売って欲しいですね。
こいつもいつまで売ってくれるのやら・・・・?

win7が発売されたら、そろそろ買い替えも検討しなきゃなぁと思いながら、ここまでメンテして使ってると勿体無い気もしますね。