火曜日, 7月 21, 2009

涙は決して忘れはしない

ここ数日、何か変な「大人」に遭遇します。

電車の中で二人分の席を使ってるおじさん。
荷物棚もかなりの率で占拠。

絶妙に空いた空間にお尻を突っ込むこともできたんだけど、触れ合うのが嫌だったので荷物だけ棚に置くことにした。
*ファイナルファンタジーで毒を出し続けてるキノコみたいに見えなくもない。

どうやら、このおじさんソレが気に食わなかったらしい。
聞こえるか聞こえないくらいのブツブツ声で「人の荷物のところにど~のこ~の~」と独り言を言い出す始末。
しかも、ずっと言ってる。
面白いっちゃ、面白いんだけど、混んでる電車の中ではウザイだけ。

えぇっと・・・・文句があるなら、でっかい声で本人に向かって言いましょ。
私に呪文は通用しませんから・・・

次に、某コインランドリーで起きた事件。
祝日だから混んでないだろ!と思ってたのが浅はかだった。
コインランドリーに商売変えしたろうか?と思えるほどの盛況ぶり。

運よく、洗濯機と乾燥機の空いているところにはまり込めたんだけど、自宅で洗濯だけして来て乾燥機だけ使いたいという人も結構いるみたいで、乾燥機は取り合い状態。
しかも、乾燥機がちょうど終わった頃に取りに来ない人も結構な率で居るので、慢性的に乾燥機は渋滞が起きる。
事件は、そんな時に起きた!

見るからに女の子?と思えるほどの美青年が乾燥機待ち。
自分の残り時間4分。

そこに現れたおばさん。
こちらも乾燥機待ち。

美青年の方がわずかに到着が早く、当然ながら順番的には彼に優先権がある・・・と一般には思われる。
がっ!しか~っしっ!
おばちゃんの行動は素早い。
既に財布から小銭を出して、手のひらの中でチャリチャリ言わせ、周りの人間を威圧している。
美少年はタジタジ・・・
ファイナルファンタジーで言えば、まだ経験値1くらいのレベル。
反しておばちゃんは経験値40くらいか。
勝てないと判断したら逃げるのがゲームも人生も正しい選択だ。

私の乾燥機がCD(クールダウンの略っぽい)の表示を始める。
おばちゃんすかさず、小銭をチャリチャリ。
美青年・・・何も言えず。

私が衣類を取り出していると、もうおばちゃんの影が・・・
美青年・・・動けず。

と!そこに救世主のようなおじさん登場。
「すみません、その方のほうが先ですよ!」
おおーーーーーーっ!すげーーーーーーっ!

おばちゃん(経験値40)は、全然気がつかなかったという顔で「あっそう」と引き下がる。
美青年・・・救われた顔で乾燥機利用開始。

ここで美青年が、救世主に「ありがとうございました」とか「助かりました」と言ってれば美しい話だったんだけど、美青年はあまりにも気が弱すぎたのか、あるいは経験値が少なすぎたのか黙ってコインランドリーから消えた。

こういう空気の中、残された人間はびみょ~~~~~~~~~である。
とっくの昔に停止している乾燥機があるので、「あの乾燥機終わってるみたいだから、中身出しちゃえば?」と言ってあげたのだが、人の順番を奪う根性はあっても人の衣類を出す根性は無いらしいおばちゃんは、「いえいえ待ってますから・・・」と謙虚な姿勢。
まるでドラクエで一回倒されたモンスターが仲間になったかのような従順ぶり。
しかし、毒だけは吐いてないと気がすまないらしく、携帯電話を取り出して誰かに「乾燥機が空いてないんだから仕方ないでしょ」的な発言を延々と繰り返してる。
あぁ・・・毒キノコ多し。

最近、関西のノリにはついていけませんから・・・と言われたんだけど、これが関東のノリなのか?
ふっと疑問に思う。
後半のようなコインランドリーの場面だと、関西のおばちゃんだと美青年に向かってこう言うんだな。
「空いたから、はよしぃや」
と。

いずれにしても・・・テレビなんかを見ていると、いかにも最近の若者はだらしないとか、なってないとか意見が言われるみたいだけど、大人の方がなってない事も実際多いような気がする。
電車の中で立っててイヤホンから音漏れしてるのと、座席2つ分使ってるのとどっちが世の中的に悪ですか?と言われたら明白じゃないかな・・・?
まぁ両方とも迷惑っちゃ迷惑だが・・・

啓発ポスターとかに書いてあることには異様なほど従順に従うのに、書かれて居ないようなことに関しては、人に言われないと分からん?のだろうか。