日曜日, 11月 30, 2008

NewFace

先日、アーティストネーム考え中というわけで紹介が出来なかったNewFace仲西さら。

IQg始まって以来2人目の九州勢ということになりますね。
よしえが熊本出身

12/19(金)
『秋田犬小町vol・29』
場所:秋田犬(秋葉原)
オダタマコ/安岡智子/よしえ

1/10(土)
『美女と野犬vol.2』
場所:秋田犬(秋葉原)
時間:open18:30/start19:00
チケット:1000円(別途DRINK500円)
T.tones(田口一朗)/馬場孝幸/村田将良(from.静岡)/よしえ

さらは現在福岡で歌手修行の身ですが、来春から東京で働きつつ歌手を目指します。

http://ameblo.jp/iqgsarah/

和のイメージを大事にしたいという方向性で模索しています。3月にはお目見えすると思いますので、ぜひよろしくお願いします。

金曜日, 11月 28, 2008

週の終わりは侍と過ごす


2ヶ月に1度の歌舞伎町ライブ ハイジアランチタイムコンサート。
いよいよ寒い季節がやってきました。

今日のメンバー
中澤京子
椎原ちひろ
渡部雄一
冴沢鐘己
以上4名とギタリスト栄輔

和沙が見学に。。。

今年から奇数月だけのコンサートになったので、クリスマスは無いな~と思ってらハイジアの一階に飾ってありました。
うむうむ綺麗だ!

それぞれ色んな課題があって挑んだこの1年の最後にIQgメンバーがこんなに揃ってるというのは、何だか嬉しい事実ですな。


ライブ後は、事務所で来週一週間使われる歌舞伎町迷惑パトロールの収録をしつつ、冴沢&中澤コンビで談笑。
おっ事務所っぽい!

その後京都に帰る深夜バスまでの時間を男2名でイタリアン。
京都の侍こと冴沢鐘己に無茶ブリしつつも今後の方向性なんかを模索してもらう。
年齢は同い年、しかも同級生に知り合いあり!
音楽では大先輩で、事務所では社長とアーティストという何とも人に説明しにくい関係だけど、突っ込んだ話が出来るのも1960年代生まれ同志だから?

なかなか面白くあっという間にバスの時間。
1月も京都から侍はやってきます。
お楽しみに!
初ステージ和沙もギタリスト栄輔と。

数日以内に動画をチェックしてみてね!きっと更新します。きっと。。。

木曜日, 11月 27, 2008

OPERAコジファントォッテ

イタリア語はよう分かりません。
なので、コジファントォッテが正しいのか、コジファントッテが正しいのかすら分かりませんが・・・

今日、公演の千秋楽で初めて意味をしった!!!

「女って奴は・・・・」

と言う意味らしい。
イスからずり落ちそうになるほど、自分の無知さを思い知らされた。

今日の入りは8分くらいですかね。
若い方が非常に多くて、これまたびっくり!

大学でイタリア語でも習うんですか?
と聞いてみたくなるねぇ。

でも、まじめにイタリア語を習ってみようとか思うならオペラは意外にいいかも知れない。
3時間を合計2日も聞いていると、直感的に何の話をしているのか?
ということくらいは分かるようになってくるから不思議なもんです。

好きと言ってるとか、裏切られて悲しいみたいな分かりやすいシーンだけね。。。
字幕読み直すとだいたい意味があってるんだから、語学習得にはもってこいですよ。
駅前留学より安いし。。。

来月も、年明け早々にもオペラ公演があるので、良かったらコンサート留学してください。

時間軸が前後しますが、お昼は毎月恒例の雑学の会という中小企業の集まりに参加でした。
新潟のキノコ作ってる社長がめちゃくちゃ面白い方でした。
トリフだと思って育ててたら新種のキノコだったらしい。

感動したよ、うちの子がPARTⅡ

歌舞伎町、歌舞伎町とこのブログで何度書いたことやら。。。

なのに、歌舞伎町で晩御飯を食べる事はホントに少ないです。
やはり、「にちょーめ」が落ち着くんだなぁ。

しかし、今日は歌舞伎町商店街振興組合で知り合いになった歌舞伎町案内人の李さんのお店へ行ってきやしたよ。
辛いよ、辛いよと事前に聞いていたけど、全然平気でした。
うんまぃです。
歌舞伎町一番街の中ほどにあるから行ってみてくださいね。

とんかつ茶漬の並びのビルから4個目のビルの4階。

で、何の用事で李さんのお店に行ったのか?というと、借りっぱなしにしてた歌舞伎町案内DVDを返すためですww
こんなこところでも忘れ癖が。。。あぁ

李さんは、本も出してるし、かなり有名な方なのでググってみてくださればAmazon.comあたりでヒットすると思います。
お店の中ではお客さんと対話することを積極的に行っている様子の彼。

他のお客さんも居るので、そんなにゆっくり話は出来なかったですが、他のお客さん(自分から見れば知らない人)にどんどん歌舞伎町の音楽やってる人だと紹介してくれるので、こっぱずかしいやら嬉しいやら。。。

実は、今日の午後に歌舞伎町で行われた会議で重大な決定が下されたんですが、その場にも彼と一緒に居た私。
共通体験と言うのは、人と人を仲良くさせる潤滑油みたいなもんなんですね。

うむうむ。

で、彼にはまだ知らされていない事実が。。。

「歌舞伎町へ行こう!」というタイトルのCDを発売することになり、数ヶ月前から準備など進めてたんですが、本日コンペがあって・・・我が社のアーティストの作品が選ばれたんですよ!

根回しなどの政治的な動きは一切なし。作者も所属事務所名も一切表記しないで作品を気に入ったかどうかの一点でのみ投票するという最も公正と思われる方法(情が移らないという意味でね)で選出された2強の中に残って決戦投票した結果です。

30名近く居る投票者の中で作者名を知ってるのは自分だけです。
おぉ、こんな状況いいんですか?
と思いつつも開票作業は進み・・・選ばれた作品の作者は・・・

呉尾律波!

おめでと~

そして、そして選考されなかったアーティストのみんなもありがとう。
どれもこれも良い作品でした。
ダメな作品だから選ばれなかったとは思わず、どんな形であれ楽曲として発表してくれることを期待します。
今回のような企画は、年に何度もあるもんじゃ無いけど、手を上げた、作品を応募したという経験は絶対に生きると思ってます。

水曜日, 11月 26, 2008

あぁうちの子が。。。

リハーサル室でカメラマン仕事の最中に、スタッフから「うちの子やで」と紹介されたうら若き女子。

頭が高速回転するけど、どう考えても思いつかんっ!
内心、やばっ!

えっ誰?
すっぴんだから分からんの?(失礼!)

めっちゃくちゃ考えた。
それでも思いつかん!

年齢的には椎原ちひろか?
でも髪の長さがどうみても違う。
バッサリ切った?
んなバカな!

激ヤバな状況。

うちの子の顔をそれこそ新型アイポッド並みの高速スクロールで顔を脳内でスキャンするが・・・

そこでスタッフから一言。
「M子や」

あぁ、あんたの娘だったんかいっ!
そうそう数年前に会ったときは、もうちょっと背も低くて、もっと少女の顔だったのに、あれまぁ女の子の顔になっとるがな!

そりゃ分かりません。

しかし、うちの子というフレーズに社内の子の顔しか思い浮かばん辺り、ちょっと事務所の社長らしくなったんか???

今日は、その子も含めた出演のオペラ公演。
今年から我が社とご縁があってオペラの団体の仕事もやっています。
と言っても、やってるのはスタッフで私は何もしてませんが・・・

出演者の皆さんには素性を明かさずこっそりしてるつもりだったのですが、リハの時に強制紹介されて、すっかり顔ばれしてしまいました。

場所:北区 滝野川会館
地下鉄西ヶ原駅から徒歩5分

お客様の中には外国人の方もちらほらと。。。
やっぱり本場なんですかねぇ。

映画みたいに字幕が出るのでイタリア語で歌ってても、意味は分かります。
マイクを使わずホールに声を響かせるというのは、凄いもんですねぇ。
伴奏はピアノだけで、あとは歌手の力量で聞いてもらうしかないのか。。。
これは結構シビアな世界です。

まだ席があるようですので、明後日18時からお時間のある方は是非。

土曜日, 11月 22, 2008

夢をもらってるゾウ

夢を持って頑張ってる人に、実はいっぱい夢をもらっている私です。




IQg新人アーティスト和沙
本日から正式メンバーとなりましたので、よろしくお願いします。

前にも書いたけど、このブログって「たぶん誰も読んでないっしょ」みたいなかなり軽い気持ちで書いているんですが、「社長のブログ読みましたよ」とか言われると、ひじょ~にどきりとする訳です。

で、ですね面接のときやらに
「パソコン使ってますか?」
と聞いて、

「家ではネットやりません」
と答えが返ってきたら、おぉっ、ブログ読めないんだなぁと勝手な納得をしている訳ですが、
最近の携帯ってパソコンブラウザとかフルブラウザで、何とこのブログも読めるということが判明!

あぁ・・・パケット代かかるんで、どうぞ携帯からご覧いただく場合はこちらへ
http://moblogger.r-stone.net/blogs/37742971

写真を表示させてやってもいいぞ!という方は、こちらへ
http://www.google.com/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fpasio.blogspot.com%2F

何で急に敬語?!
まぁ、いいじゃないですか。。。

Mxiは一部の外部ブログを携帯へ自動変換している様子ですが、bloggerはまだ未対応のようです。
あぁ、ごめんなさい。
若い子に思い切り負担を強いている罪悪感ぁぁ。

今からお引越しするのも大変なので、このブログで継続していきます。
そんなところは頑固な自分。

和沙に「A型ですか?」と聞かれたが、典型的B型だと言うことは、おそらくあっと言う間にばれるんだろうな。


さて、和沙との打ち合わせ後は、福岡からアーティスト志望の子と面接。
3月に上京し、一緒に頑張っていくことになりました。
アーティストネームは考え中なので、お披露目は後日です。

さっきテレビを見ていると、石原知事が通っていた高校の先生の話をしていましたが、なかなか気になるエピソードを披露してました。

「僕は黒は明るい色だと思う」
と高校生のときに美術の先生に言ったら、こっぴどく怒られたんだそうな。
新しく赴任してきた先生は、
「黒は白い紙の上に乗ると斬新な色だ」
と言ってくれたんだそうです。

うむうむ、これって大事なことかも知れないね。
この先生は、当時の石原青年に対して決して同調はしてないんだよね。
「俺も黒は明るいと思う」
とは言ってない。

「斬新な色」だと言ってる。
でも、石原青年は、その答えを聞いてやる気を出した訳だから、その先生は見事に正しい答え方をしたと言えるなぁと思うわけです。

若い人たちの完成を踏み潰さないように気をつけねば!

新宿区新聞社55周年新都心新聞発刊

新宿区新聞社という新聞社があるんだということをつい2ヶ月ほど前まで知りませんでした。

うむぅ、ぬかったな。。。自分!
今日は55周年パーティで、ジャズバンド演奏のため16時京王プラザホテル入りして音響仕事してました。

といっても、ジャズバンドの皆さんほとんど一発で音あわせしてくださるので、私はマイク繋ぐくらいしかやることは無いんですが・・・

ホテルで2番目に大きい会場だそうですがぱんぱんになるほど人が入ってました。
新都心新聞というのは、豊島区、渋谷区、新宿区の3区つまり副都心線の通っている区が連携を目指すということだそうです。

その副都心線ですが、開業時予想9万人に対して1.5倍の乗降客があるそうです。
(新宿新聞情報)
むぅ・・・空いてて便利な電車だと侮っていたが、そうでも無いらしい。

この線は将来渋谷から東横線にもアクセスするらしいので、相当便利になりますね。

金曜日, 11月 21, 2008

しょう油を一気飲み!!!



マイミクさんが日記に書いてた奴、チェリオのオレンジジュース。
しょう油にしか見えないね~
味は、チェリオです。
ガキの頃に、コーラを飲める奴はかなりの金持ちだった。
とうぜん、私らはチェリオ。
味は昭和の味です。なっとく。
当時は20円だか30円だったぞ。コーラは70円だった。

だが、チェリオを買えないときはミカン水を飲んでたな。
ただの砂糖水なんだけど。。。
それでも15円した。
(汚い顔さらしてしまった。。。)


写真がたまっちゃったので、意味が繋がらない日記になります。
この写真、コマ劇場の楽屋通路から本番ステージに出るところにあります。
コマ劇場閉めちゃうときに、この鏡の運命はどうなるのだろぅ?
ちょっとまじめに心配。


先日、暴追イベントがあった日比谷公会堂。
生まれて初めて入った。
しかも、ご来賓で・・・
遅刻したから、座席に座るときにめちゃくちゃびびった。
周り、どうみても偉い人ばっかじゃん!


ベランダに季節はずれのカマキリ。
御苑から飛んできたのかな?
そういえば、カマキリって越冬するんだっけ?
どうにも虫が怖いので、新聞紙に上手く乗せて御苑へ帰ってもらった。


新宿区役所前の平和の噴水。
普段、噴水のところっていうアバウトな言い方してたから、平和の噴水だとは気もつかなかった。
今度から平和の噴水と言う事にしよう。
来年の2月までイルミネーションが光ってます。
お知り合いの社長さんが歌舞伎町を明るくしなきゃいけないとたった一人で始めたんだけど、すでに3年目を迎える。
行政もどうせばらまくなら、こういうところにばらまいてくれりゃいいのに・・・
ついでに路上ライブを解禁してくれりゃ、もっといいのに。。。

そういえば、朝5時にTONYさんから電話があって目が覚めた。
あはは、アメリカンいいねぇぇ!

水曜日, 11月 19, 2008

コアなネタです。TONYさんという方

Indiana Jones4の皮ジャンを作ったTONYさんという方。
今日電話でお話をしたのですが・・・・あぁ感動!

ちなみに、私の英語は幼稚園児よりきっとひどいです。

いま日本で何時?

と聞かれたのに答えられなくて、とっさにパソコンの時計みて数字を一つづつ読み上げたアホぅな自分。

TONYさんが、Oh!after noon three ?(午後3時)
なんだよねと言ってくれるまで、自分の言語能力の無さに気がつかないほどなんです。

ちなみにTONYさんのカリフォルニアは17時間時差があるので夜の10時くらい。
アメリカ人って夜はぜったい働かないんだと思ってたけど、そうでもないみたい。

反省

幼稚園児よりひどい英語にも我慢してつきあってくれて、いろいろ話ができたんだけど、一番何を思ったか?というと、人ってこうあるべきじゃん!という姿勢をガーンっと見せていただいたってことかな。

世の中にはいろんな商品があるけど、売ってる人を好きになったら商品のことって二の次になるんだよね。
もぅお金の問題じゃない!みたいな。。。
そして、これは重要なポイントかもしれないけど、お金の問題じゃない!と思える人が作る作品ってものすごいクオリティな事が多いように感じる。

いまの自分の立場になって物事を考えたとき、歌手ってのもやっぱり人柄なんだろうなぁと思うわけです。
歌の内容がロックであっても、演歌であってもそれは実はあんまり関係ないと思うんだよね。

もちろん、お客様側に立てば好き、嫌いはある。
演歌好きな人にロック好きになってもらおうと思うのは、無理な話だもんね。

ただ、言いたいのは、
ステージでおりゃおりゃ~とやってるからって、普段の人柄までおりゃおりゃ~である必要は無いということ。
ステージとステージ降りてからと、商品が商売人になる瞬間のスイッチを切り替えられるようにならねばいかんのではないだろうか?とふと思うわけです。

月曜日, 11月 17, 2008

目覚めの電話

ブ~ブ~という携帯の振動音で目が覚めたら、知り合いからの電話だったのでかなり必死になってしゃべろうとしたんだけど、喉が乾燥して舌の奥の方とがっつり張り付いてて上手くしゃべれない!

あぁ、これがおっさんという生き物なのか!?
妙に納得。
とりあえず話を済ませてのそのそ起きて、水を飲んだらようやく普通の喉になったような。。。

木曜日, 11月 13, 2008

足が。。。

最近よほどの事が無い限りは朝7時という時間は真夜中です。
しかし!今日はその時刻からさっきまでフル稼働!

あ~足がパンパンです。
飲食店で働いている人って基本丸一日立ってるんでしょう?
すごいですよねぇ。。。

月曜日, 11月 10, 2008

愚痴っぽいけどアドバイスもありの独り言

コマ劇場から一夜明けて、通常営業に戻っていますが今日は面接予定2名。

1人は、約束の時間にきっちり来て自分の考えをちゃんと話してくれました。
好感の持てる方です。

もう一人は。。。
残念ながら1時間待っても連絡なしで、結局来社せず。。。
ここのところ全く連絡なしでというのが結構な数の方がいます。

まぁ、うちのような小さい会社の面接はシカトでいいか?と思われるのは仕方ありませんが、そういう子たちは歌手になるという夢そのものを諦めるのか、単純に他所にもっといい事務所を見つけたのか若干気になります。

今回は面接だからいいようなものの、これ何かの仕事だったらどうするんだろ???
事務所の所属の子が仕事先に入ってないって、そんな事態を想像しただけで背中に冷たい汗が出ます。

サンマさんのテレビ見ていたら演歌歌手志望の子が和太鼓の修行をしに行ってて「帰れ~」と怒鳴られてたけど、ああいう怖いおっさんが減った所為なのかな~~~

土曜日, 11月 08, 2008

こんな日が来るとは思わなかった

杏里さんの有名な歌ぢゃないですよ。


歌唱:哀愁でいと


歌唱:I will catch you



ついにやってきましたコマ劇場の本番の日。
いやぁでっかいです、この劇場。

楽屋入り口から本番舞台までのエレベーターが何と手動式。
めちゃくちゃ格好いいです。
そして、運転手さん本番前の廊下を見て「嵐の前の静けさだねぇ」と。。。

ずっとずっとコマの裏を見続けてきた方のお言葉は、重厚な温かみを含んでいました。
歴史とは、こういう一言一言も含まれているんだなと感じます。
ただ年数がいくら経過しても、それが歴史と呼ばれるになるにはそこに居た人々の思いが刻まれたかどうかなんですねぇ。

美空ひばりさんの寄贈された姿見も発見しました。
いろんな歌手の先輩方もきっと自分の姿を映したんでしょうね。
みんな本番前に何を想ったのだろう?

舞台の袖にある「成功を祈る!の文字
この文字を見ながらステージへ駆けていったのか。。。

そんな場所に一瞬でも居られたということは本当にすばらしい経験だったと思います。
この劇場が無くなってしまうのは本当に残念です。

迷路のような地下を見ると確かに建替えの必要性もあるのかなと思うところもありますが、なんとか新劇場として生まれて欲しいもんですね。

若い2人は、ステージに立って何を思ったのか?
何かひとつでも感じたものを育んで欲しいなと。。。。
感慨深い夜になりました。

金曜日, 11月 07, 2008

絶体絶命!

コマ劇場の舞台監督から朝電話を頂いて、おぉ冷や汗。。。

「今日リハーサルやってるよ」

「うぇーーーーーーーーっ!すんません、聞いてません。」

どうやら、香板表に日時が載ってたらしいのですが、自分の持ってるのは必要と思われる部分のコピーだけで、何もアナウンスらしきことが書いてません。

幸い、近くだったのですっ飛んでいけたのですが、歌い手2名は来れないので自分が演出を聞かせて頂いて、どえらいミスもさらりと流していただいて助かりました。

歌舞伎町祭で顔見知りの方が一杯居たけど、さすがに音響やってた男とは思われていないようで、誰にも気づかれません^^

他の方のリハみさせて頂いたのですが、すごく楽しそうな舞台になりそうです。

火曜日, 11月 04, 2008

油断大敵

CR吉宗の話題ではありませんっ!


バルト9で楽しみにしてたレッドクリフを観ようと思い、最終上演回の座席を予約。
できるだけ前の席を選ばせてもらいます。

まぁ理由はただでっかい画面観たいからってのもあるんですが、静かに鑑賞したいというのもあるんです。

予約時に確認したら、最終回はかなり空いているとのことだったので、安心してたのですが・・・

隣の隣の席に座ったカップル。
しゃべる、しゃべる。

座席指定の悲しいところ、移動できん!

三国志の解説を上映中にするのはやめてください。
北方先生の三国志を3回読み直したんで、私はその辺りすでに知ってますから・・・

先日行ったあるライブハウスでも、たまたま後ろに居た方々がダンスの解説。
をぃっ!
音楽を聞かせてくでぇ!
ということもあったな・・・

もしかして流行ってるわけですか?
解説。。。

今度からは、最終電車が無くなった回にしようと心に決めた小西なのであった。
(吉宗風)

レッドクリフですが、普通に面白いです。
個人的には大王四神記の戦闘シーンと比べてしまうんだけど、なぜかあっちの方が感情移入はできたな~と思いました。

ジョン・ウー監督らしいカメラワークとかあるのか?
と思ってましたが、ブロークン・アローほど執拗に盛り込まれている感じは無かったです。
(観やすいです)

映画の中では、トニー・レオン氏が渋いです。
インファナルアフェアの印象が強かったのですが、時代劇けっこうはまってますね。

次回は来年の春らしいです。
クレジットの後にⅡの予告編があります。

これから観にいく方は、おトイレ我慢して予告みよう!

月曜日, 11月 03, 2008

歌謡祭「がんばれ新宿・歌舞伎町さよならコマ劇場」


今週の土曜日14時からコマ劇場で行われるライブに中澤京子と椎原ちひろの2名が出演させていただきます。
2人とも歌舞伎町ではずっと歌わせて来て頂いてコマの最後の年にステージに立たせて頂く事になりました。
出演は「昼の部」で「夜の部」では歌いませんので、ご予約の祭は「昼の部」でお願いします。
コマ劇場の中をご覧になった事が無い方は、ぜひこの機会にもう見れなくなるコマ劇場に足を踏み入れて見ていただきたいですね。

うちの子たちを見ていただきたいのは当然あるのですが、コマ劇場という歴史がある劇場の重みとか空気はホントにすばらしいです。
跡地にどのような物が出来上がるのかまだ全然分からないのですが、
「あそこって昔でっかい劇場があったんだぜぃ」
みたいに、知ってる人は知ってる存在になってしまいそうな気もします。

そんな時、
「あぁ、俺あそこのファイナルの公演見に行ったよ。」
と言えば、もしかしたら尊敬されて超モテルかも・・・・しれないです。

ついでに
「あの時、出てた中澤京子とか椎原ちひろとかまだ新人だったんだぜ!」
「へぇぇぇ、そうなんだ」
みたいな会話が合コンなんかで交わされる日が来ると私はかなり喜ぶと思います。
何でお前を喜ばさなきゃならんのんじゃぃ!
というツッコミは・・・・

ご予約
http://www.iqg.co.jp/sub2.html


その他のご出演者の皆さん
山本リンダさん「どうにもとまらない」・岡ちあきさん「浪速恋しぐれ」・桧山うめ吉さん・PaulaHermosa・葛城ユキさん「ボヘミアン」・津山洋子&高木一郎さん・山本寛之さん・京極加津恵さん(ほかまだまだ多数キャスト)

個人的には生ボヘミアン。

土曜日, 11月 01, 2008

次郎長親分も大事な部下を亡くさずにすんだか・・・

株価が7000円になったり、9000円になったり、あぁそしてまた8000円台に・・・
乱高下でしてますが、自分の予定も株価並みに分かりにくい・・・


久しぶりに渋谷を車で通過してみた。
うん、歌舞伎町よりもかなり人も車も多い感じがしますね。
でも、以前よりはかなり減ってます。

今日は所要で虎ノ門へ。
2番出口を上がると、金比羅さんがあるじゃないですか!
ぜんぜん知らなかったです。
しっかり、御参りしてきました。
森の石松も虎ノ門の金比羅さんにお参りしてたら、喧嘩しなかったかも知れないねぇ。
四国より近いし。

で虎ノ門歩いているとこの看板。
ちゃんと階段に虎の足跡まで書いてある。

あんなビジネス街の中にも三丁目の夕日に出てきそうな昭和なお店も残ってます。
こういうところが東京の面白いところかも知れないですね。

夜は、冴沢鐘己の多作でのライブ。
こちらも初めて店内に入りましたが、なかなか落ち着いた感じのライブハウスですね。
クールダウンという曲がお気に入りなので、まだお聞きでない方は是非。