水曜日, 5月 28, 2008

水没



久しぶりに28時間以上起きていたのでくたばっています。
詳細は後日に!

土曜日, 5月 24, 2008

アニソンなんて、アニソンなんて。。。くっそぅ!

深夜のアニメをチェックするのが日課です。
金曜日の深夜はマクロスF

この曲は、アニソンだろ?とか、へっアニメ?とかそういう先入観をぶっとばしてくれると思います。
もちろん、アニメ見て無くても「買い」です。
買って損しません。(多分)




歌舞伎町ライブミュージック~ハイジア~大久保商店街~東中野日本閣~ライブインマジック





今日は、朝から3本の本番がありました。
恒例にさせていただいている、歌舞伎町ライブミュージックプロムナードハイジア会場のスポーツカフェ特設会場のステージをお借りして。。。

出演は、中澤京子・椎原ちひろ・宮澤崇之・益満俊介さん
宮澤崇之は、初ステージを踏ませていただきました。

カバーを2曲です。
今までの練習の成果を出せたようです。

益満さん、さすがにバンド経験者だけありしっかりステージをしてくださいました。

今日は、男性2名にフォーカスしてみました。

いつものメンバーの中澤・椎原は久しぶりの半谷Pのギターとアコースティックに決めてくれました。
時間が無くて写真に収めていませんがスポーツカフェにてサッカーなどゆるりと見れるようです。
ぜひ、お立ち寄りください。

さて、その後は中澤京子が東中野の日本閣で大久保商店街組合の年次総会の懇親会の席上で歌わせて頂く機会を頂き、移動。

椎原ちひろも、ライブインマジックさんで本番でした。
今日、大勢の方とお会いさせて頂きました。
感謝!!!

水曜日, 5月 21, 2008

久しぶりにレコーディングでした。

レコーディングブースに入ったのは、何ヶ月ぶりなんだろ???

音楽事務所の社長とか言ってる割に、それらしき仕事してないと猛反省中です。
本日は、永橋監督ディレクションによる中澤京子と椎原ちひろの2人同時レコーディングに挑んできました。

伴奏は、永橋監督が既に作ってくださってくれているので2MIX。
ボーカル録というやつです。

場所は、吉祥寺のスタジオです。
このスタジオさん、けっこう親切なスタッフさんが多い。
お店もお財布に優しいという素晴らしいスタジオです。

まず順番は椎原ちひろから。
多分、人生初のレコーディング。

レコーディングって何をするんだろ?ということもほとんど知らされないままスタジオに連れてこられたはず。
なぜなら、教えてないから~~~
(おいっ!)

余計な予備知識は無い方がいいんです。
多分・・・・

自分の声が、ブースのヘッドホンから聞こえてくるのってどんな体験なんでしょうね?
自分の声が録音されて再生されるってのは、感動なんでしょうか。
それとも、松田優作先生ばりに「なんじゃこりゃ~~~~」なんでしょうか?

ともかく、17歳らしく歌ってくれました。
個人的に思ったことは、ちょっとハモリ入れてみたらどうでしょうか?とプロデューサーらしきことを言ってみたりしたのですが、(それ以外にナンもしゃべってない・・・と思う。)結果オーライだったのが、777な気持ちでした。

中澤京子の楽曲は、去年の6月にルイードで演奏された曲。
何度も作り変えられたりしつつ、いまの形になりました。
本人作詞、作曲のものが形になるというのは、やはり感動なんでしょうか。。。

かなり事前に考えてきていたようです。
思ったとおりの結果が産まれてればいいですが。

結果は7月後半くらいに皆さんへお届けできそうです。

今年は、作品をできるだけたくさん作って出来るだけ皆さんに聞いていただこうと思っています。
他のアーティストも続々出てきます。
お楽しみに!

金曜日, 5月 16, 2008

ヴァージンを奪ったのは渡部雄一



今日は、渡部雄一のPVとスチールの撮影しました。
実は、男子を撮影するのは生まれて初めて。。。

正直なところ自信無かったのですが、仕上げはご覧の通りです。
歌の世界観に近いものが撮影できたのでは???

動画は編集に入るので、まだ何もお見せできませんが色々とアイデアをもらって勉強になりました。

火曜日, 5月 13, 2008

昨日の母の日

昨日は母の日だったんですね。
最近色んなことに記憶が危なくて、いちばん危険なのは日にちです。

元々カレンダー嫌いなので、事務所には一切カレンダーというものがありません。
ついでに時計もありません。

携帯で確認できるからいいか~という安直な理由ですが、時計やカレンダーが目に入る位置にあるとどうも追いかけられている気がしてダメなんです。
その所為か、今日が何日だっけ?ということが時々思い出せません。

というか、いつものことです。
昨日まで路上でカーネーションを売っていた花屋さんが今日は居なくなっていたので、あぁ母の日が終わったんだな・・・と思って改めて分かったんですが、母の日で母の誕生日が4月だった事を思い出す始末です。

思い返せば、おめでとうの電話もしなかったぞ!
いかん、いかんと思い母の日のカードを今日送っておきましたが、たぶん到着したころに「アホかお前は」という電話がかかってきそうです。
両親を無理やりMIXIに入れてマイミクにしておけば、お知らせメッセージで誕生日教えてくれるので真剣に考えてみようかと。。。。

土曜日, 5月 10, 2008

ADOBE プレミア4

先日体験版を無料ダウンロードしていたのですが、お値段もそんなに高額ではなかったのでライセンス購入しました。

体験版では、各種のエフェクトが使えない仕組みになっているのですがライセンス購入後は使えるようになります。
操作に関して言えば、Photo Shop使っている人なら難なく使えると思いました。

今まではWinを使っていたので、それで慣れちゃっている人がこのソフトに移行するとボタン操作とかちょっと迷うかも知れませんね。
あと、Winは動画ファイルをドラッグすると重ねることができましたが、ADOBEはできません。

階層を一個増やしてエフェクトで透明度を調整するようです。
この辺りは、PHOTO SHOPと同じ考え方か~とすぐに頭が切り変わったんで助かりました。

ADOBEソフトのいいところは、音声の切り離しが簡単ということでしょうか。。。
動画だけ編集して後から音声くっつけるような作業は便利だと思いました。
兄弟ソフトとの連携も中々いいと思います。
ノイズ除去とマスタリングが出来る(簡易バージョン)のもありがたいですね。

木曜日, 5月 08, 2008

aviからwavファイルの作成

HDDに取り込んだビデオをaviファイルに保存して荒っぽい編集作業だけやろうと思ったのですが、音声ファイルだけ別に作成しておかないと後で大変なことになるということに気づき、aviからwavを作れるフリーソフトを色々探してみたのですが、どれもこれもNG!

こりゃどないしたらえんねん!と思っていたら、随分前にダウンロード購入していたTmpegencでできる事が判明して、あっと言う間に解決してしまいました。

今まではyou tubeに上げることだけが前提だったのでwinの無料ソフトを使って編集していたのですが、これではいか~~~ん!とアドビプレミアを使ってみることに。。。

調べてみるとver4になってました。
PCを購入したときついてきたプレミアのLEが使い勝手悪かったのでどうかな~と思ってたのですが、なかなかいいっぽいです。

火曜日, 5月 06, 2008

B型的生き方で楽になる

B型自分の説明書というのを誕生日のプレゼントに中澤京子から頂いたんですけど、なかなか当たってて面白かったなと思っていたら、かなりブレイクしているようですね。

B型の飽きっぽい性格は現代社会のストレスを軽減するに役立つんだそうで。。。
そうかなぁ???
飽きっぽいけどストレスには弱い気がするぞ!

ストレスに【弱い】から「もうや~めた」となり、結果的に飽きっぽくなんじゃないだろうか?などと疑問を呈してみたりしたくなる。

この本って自費出版なんだそうです。
音楽の世界で言うところの「インディーズ」ですよ!

やはり世の中の流れに乗る、神田昌典さん流に言うと『登りのエスカレータに乗る、決して下りのエスカレーターに乗って登ろうとするな』という箴言に乗れる人はいるんですねぇなどと感心をしてしまいました。

この本は、B型ではない人がB型っぽく生きる参考にするために買われることが多いんだそうで。。。ホンマか?
B型の自分としては、もともと持って生まれた気質ですから面映いんですが、サラリーマンやってたころの上司にも「お前、諦めるの早すぎない?」と良く言われてたのでお気楽な人間に見えるのは確かなことなのかも知れません。

一応B型の弁明のために言っておきますが、こういうときのB型は諦めてるわけじゃなくて他のことに目移りしてるだけだと思います。
はい、私のあだ名はサメでした。
(止まったら死ぬかららしい)



GW期間中に本を何冊か読みましたが、中でもちょっとお気に入り「終着駅」白川道さん著
白川さんの本は一番最初に「海は渇いていた」を読んで凄く好きになっていたのですが、天国への階段の終わり方がちょっとう~んと思えるところがあったので最近は買ってませんでした。

しかしこの終着駅に関して言うと、まぁよくもこんなに悲しい話を書けるもんだねぇと思うくらい悲しいんですが、読後はすがすがしくなれます。
よく女の人が悲しい歌を思いっきり聞いて立ち直るんだみたいな話を聞いて違和感をずっと持っていたのですが、この終着駅を読んでみて初めてその気持ちが何となく分かるような気がしましたね。。。

男が男らしく生きるというのが実は難しくなってきた時代だと思うんですが、(考え古い?)そういう人にこそ是非是非読んでみて欲しいです。
白川さんというのは、父と子という関係を書くのが絶妙だと思うんですが、この本を読みながら洗濯してたら実家の父が間違い電話を自分にしてきてちょっとびっくり?なこともありました。
うん、たまには父に電話でもしてみよう!

月曜日, 5月 05, 2008

富岡八幡宮で厄払い


今日はGWらしい起床をして富岡八幡宮へ参拝してきました。
今年は本厄なので、節分に行こうと思っていたのですが何となく引き伸ばしてしまい、そうだOFFのGW中に行ってしまえということで午後遅くに出発です。

新宿から地下鉄丸の内線にのり赤坂見附で銀座線に乗り換えるのですが、銀座線に子供の姿がちらほら。。。
銀座線に子供って似合いませんねぇ???

さて日本橋で東西線に乗換で2つ目の門仲で降りたら目的地はスグでした。
駅の階段上がって地上に出ると新緑の匂いにふわ~~~っと包まれ、知らぬ間に夏が近いことを感じます。
目の前に新宿御苑があっても中々緑に触れるという事は実は少ないもんなんだなぁなどと思ってしまう今日この頃。

富岡八幡様では骨董市をやってたみたいですね。
古い物を見ると何か意味も無く買ってしまいそうになるので、すたすたとお社に向かいました。
1950年代ものは特に危険な香りです。

お社で「あの~厄払いってしてもらえます?」と聞いてみました。
神社なんですから、「あんたの厄なんか払えるかっ」などと言われるはずは無いのですが、普段寄り付かない場所だけになんか遠慮がちです、私。

するとどうやらGW期間中にも関わらず厄払いをしようと考えるのは自分くらいなもんらしく、待合室というところに通されました。
流石に深川だけあって、待合室には白鳳さんの色紙とかも飾ってありました。

この前の厄のときは、兵庫県の神社に行ったのですが、ここではメチャクチャ人が一杯でかなり流れ作業的にしかも集団で厄を祓われたので、同じようなもんか?と想像してたのですが、なんせ一人です。

一人で待合室で待っていると神主さんが現れて、ちゃんちゃんこの白いのを渡されました。
前結びになっているんですが、「これ、結ぶんですか?」と又しょうむないことを聞いてしまいかなり神主さんに怪しげな目で見られてしまいましたが、「あぁ、結んでください」とあっけなく会話終了で本殿に案内されました。

本殿でも、当然ながら一人です。
真後ろの位置にお賽銭箱があって、一般の拝観者の方々がちゃらり~んとお賽銭を投げ入れる音がするんですが、視線を背中にびしびし感じます。
本殿をたった一人で独占してるんですから、まぁそうでしょうね。。。。

神主さんに御祓いをしてもらって、この間15分ほどなのですが、何かトチ狂ったことをするんじゃないかと気が気じゃありませんでした。
実際には問題なく御祓いを終えて、最後にお神酒を頂き終了。

お札と深川飯の元を頂いて帰ってきました。
たしか兵庫県の神社では砂糖菓子だったような気がしますが、流石にお江戸は粋ですなぁ。

日曜日, 5月 04, 2008

花よりも・・・

すっかり深夜というよりも朝まで起きていることが普通になってしまいましたが、そんな睡眠障害的な自分にもいいことはありますね。
見逃していた映画が昨夜見れました。
「花よりもなほ」(主演:岡田准一さん)


ライブのことなど書くべきことは一杯あるんですが、まずはということで。。。