月曜日, 12月 31, 2007

仕事納め


「中澤京子の勝手に姉妹都市宣言!」の生放送が終了し2007年の仕事が全て終了しました。
前回、いろんなトラブルに見舞われてあたふたしましたが、今回は何とか。。。
視聴者さんのメールも増えて参りましたので嬉しい限りです。

事前に取材に行って写真を多めに撮っていたのも結局は幸いしました。
ネタが詰まっている感じがGOOD!
テレビの方々は毎週こんなことをやっているのか!?と思うと、敬服しますね~

さてさて今年は、色々有りました~

一番変わったのは、大勢の仲間に恵まれたことです。
これで自分も一つ階段を登れたのか。。。そんな気持ちがします。

まだまだ何もしてあげることが出来ない社長ですが、それでもみんな良くついてきてくれたなぁと正直思います。

それから、もう一つの変化は自分自身が音楽を楽しめるようになってきたかな?という事でしょう。
ROLAND(ローランド)/CM-30(スタジオモニター)が年末のこの時期にやってきました。


ハイジアさんでやらせてもらっているロビーコンサートの機材は全てIQgで持ち込みしているのですが、ボーカル用のモニタが無いので、小さめのスピーカーを。。。と思って購入したのですが、なかなかいい音を出してくれるので、いまIpodを繋げて音楽を聞いています。

思えば、マイクや音宅など今年は一杯機材も増えました。
そのことで、何がどういう役目を果たしているのかということとか少しだけ理解できるといつもの音楽を聞いていてもちょっと違いますね。

仕事収めは、あっとおどろく放送局

いよいよ2007年の最後の仕事「中澤京子の勝手に姉妹都市宣言!」の生放送を終えまして、しばしお休みになりました。

日曜日, 12月 30, 2007

中澤京子の勝手に姉妹都市宣言@浅草

公式ブログでネタが既に公開されているようですので、こちらでも紹介しても問題なさげな様子ですね。。。

12月30日あっとおどろく放送局さん18時~中澤京子の勝手に姉妹都市宣言の第2回目放送です。

この番組の企画は、あっとザチャレンジの枠で全4回放送されます。
秋葉原~新宿~色んな街と街を勝手に繋げて姉妹都市を増やしていくことがコンセプトです。

今回は浅草。

浅草に関してはなぜか縁のある街です。
デビューの翌年に演芸場の仕事をさせてもらって、かなりハードな思いをしましたが、振り返ってみると相当勉強になった場所でした。

とにかく演芸場というのは、シキタリも何も知らないぺぃぺぃにはキッっつい場所です。
お礼の仕方から挨拶の仕方まで、先輩からバシバシ教えていただけます。

後から考えてみたら、教えていただけるだけありがたいことです。
よくぞ無視されなかったもんです。
今頃冷や汗。

今でもいい癖として残ってます。
身体に刻まれたものって、すごいですね。

コツコツと歩いてみると色んな面白いものを見つけることが出来ます。
中身は放送をどうぞご確認。

メールも受付していますので、ぜひこの1時間だけはパソコンの前にお願いします。
ちなみに、この放送で使われている画像は私の作品だす。



年始のお参りされる方は、手を洗ってからですよ^^
あの恐ろしい人出の中で、そんな悠長なことやってる暇があるのか?
疑問は残りますが、しきたりなんで。

土曜日, 12月 29, 2007

HDD交換に成功した夜

このブログでも先日書いたとおり、HDDの交換作業がやっと終了しました。

もともと200GBだったのですが、今回は320GB(バッファロー製)に交換しました。
バッファローを選択したのは、付属のソフトが使いやすそうだったからといういかにも安直な理由ですが、結構使えました。
バッファローについている付属のソフトは、HDDのクローンを作成する際にパーティションを自動で前と同じ比率にして作成してくれます。

前のが200GBでCドライブに30GB割り当てられていたとすると、同じ比率で容量アップしたCドライブが自動で出来上がるという仕組みです。
面倒くさがりの自分はこれがピッタリ!

IOデータの付属ソフトはここんところが面倒くさそうだったので、、、

作業の手順には一つ手間増やしました。
まず未使用の外付けHDDにイメージファイルでバックアップの作成をとりあえず。。。ということでやりました。
この作業14時間きっちりかかったので、ほぼ1日パソコン触れませんでした。

次の日に内臓HDDのコピー。
これも付属のソフトでやって8時間ほどかかりました。

ここから先は未体験ゾーンだったので、どきどきです。
古いHDDを外して、新しいHDD(コピー済み)を取り付け。

電源を入れてwindowsが立ち上がらなかったら、どないしょ!?みたいな不安に襲われつつも、おりゃっとやってみましたら、OH~~~~~

まったく同じ環境でコンピューターが生き返ったじゃありませんか!
結構感動!

容量がアップしたせいか、操作感もけっこうよくなったような気がします。
こんなことなら、あと2000円ほどだったので400GBにしとけばよかったか?と思いましたが、どっちみち外付けに保存してるので大丈夫だろうとの自己結論に達して作業終了しました。

パソコン買い換えるのもなぁと思っていたので、これでしばらくは使えそうです。

呉尾律波LIVE@ソケースロック

新しく仲間になった呉尾律波率いるMBBのLIVEを見に四谷にあるライブレストランソケースロックに行って来ました。

会場はほぼ満員状態で到着した21時過ぎには、かなりの盛り上がりを見せていました。
編成はGt2名、Bass、Keyという豪華メンバー。

実は、Gtの方お一人は一度お会いしてますが、全員揃っているところを見るのは初めてです。
彼らの音楽は”平成ジェット歌謡”と言うようです。
どんな感じかと文字で表現するのが難しいですが、非常に聞きやすい楽しいロックです。

コーラスでいまのまいさんが参加されていました。
いまのまいさんは、LIVE IN MAGICの懐かしのアイドルソングのイベントをされていらっしゃる方で約2年ほど前に中澤京子が出演させて頂いていたときに確かにおしゃべりなどしていた記憶が、、、

最初に、どっかで会いましたよね?と言われて中々思い出せなかったのですが、STAFFのなまずさんを見て一気に記憶が戻りました。

どこでどう繋がってるのか不思議な世界ですね。
振り付けの方の参加もあり非常に盛り上がったGOODなステージでした。

会場からアンコールもあり、予定より1曲多く演奏聞けました。
これは本当のアンコールだったようで、Vo呉尾も嬉しそうな表情で歌っていたのが印象的。

これから楽しいことが出来そうな予感です。

金曜日, 12月 28, 2007

渦巻く感情を押さえ込めない夜には、貰ったお酒で

年末になって何とかほっと一息つけるか?と思ってましたが実はそんなことはなくて、問題は起きます。

神田正典さん曰く、成長するときは問題がやみくもに襲ってくるんだそうで。。。
しかし、やみくも過ぎじゃないんかい!?
というツッコミを入れたくなるほどのタイミングです。

つくづく思うんですが、社長と言うのは、ものすごく貪欲な生き物ですね。
野性のライオンは、おなかが一杯のときは動物を襲ったりしないらしいですが、社長と言うのはどんなにおなか一杯でも仕事止めません。

人間と言う分類に当てはめてええんやろか?

姿かたちは同じでも違う動物なんじゃないだろうか・・・などとつまらぬことをSRIのお土産でいただいたウォッカを舐めつつ思ってしまう夜です。

問題の内容より起きるタイミングで受ける打撃の大きさって変わってくるもんなんだなぁと最近つくづく思います。
伊丹監督のマルサの女だったと思うのですが、伊藤四郎さん演じるパチンコ屋さんの社長が、査察に来た税務官に対して泣いて税金を負けてくれと言うのですが、査察官が帰った途端に泣き止みます。

それを見ていた社員が
「社長、嘘泣きですか?」
というのですが、
「あほか、ホンマモンの涙や。泣いて税金はらわんでええんやったらなんぼでもホンマもんの涙くらいでるわ」みたいなことを言うシーンがあります。

まさに社長と言う動物を表現しているな~すごいと思います。
結果(映画の場合は税金を払わず済ませるということ)を手に入れるためには、手段も選ばないし、プライドにも拘らないという面はありますね。

その反面、ものすご~~~くプライド高かったりもします。
要はしょ~もないところにカチンと来る動物なんですね。

戦国武将の織田信長は、徳川家康の接待役だった明智光秀を突然外し豊臣秀吉の加勢に向かうように言います。
それでカチンと来た光秀は「敵は本能寺にあり!」と。。。これが定説ですが、信長が「すまんけど、秀吉がぴぃぴぃ言ってるから、ちょっと行ってきてくれる?」と一言話していたら「本能寺は無かった」とも言われていますね。

私は、いろんな人から「一言少ない」と言われるのですが、今になって思うと織田信長の気持ちが痛いほど分かるような気がします。
その一言を言う暇がない。

まだ反乱は起きてないということは、周りに助けられているんでしょう。

木曜日, 12月 27, 2007

歌い収めは四谷


今年の歌い収めは四谷ライブインマジックさん。

ちょっと豪華にBassながさん参加でお届けして参りました。
Gt栄輔、パーカッションさとちゃん。
18時30分START、19時10分くらいから出番でした。

久しぶりに黒い壁の部屋でのライブ。

今年の後半は、ほとんど新宿にいたような。。。
なので久しぶりにライブハウスに居ると、いつもと違う新鮮さもありぃの、色んな忘れ物しぃので自分に戸惑いましたが何とか終了できました。

今年も皆様、本当にありがとうございました。

月曜日, 12月 24, 2007

関東を制する目前の夜は厳かにうまい棒

東京・神奈川・群馬・栃木・千葉そして本日山梨。。。
残すは茨木のみとなりました。

何が?
音楽の仕事で訪問させてもらった場所です。

今日は、中央道談合坂SAふれあい広場での無料ライブ。
Gtえいすけと中澤京子を伴い新宿から愛車で行って来ました。

談合坂というのは、通過したことはあったのですが降りたのは初めて。
山梨県だと言うことも実はライブが決まるまで知りませんでした。

と言っても八王子からだと30キロもないくらいなので、時間的には約1時間半の旅です。
流石にクリスマス連休で車は空いていましたね~

今回は上り線のSAだったので、大月インターまで言ってUターンしたのですが、大月の辺りは雪が結構残っていました。
昨日は寒かったもんなぁ

幸い今日は暖かい日差しにも恵まれてちょっとした旅行気分を味わってきました。
空気がほどよく冷たくて、やっぱり山の空気でした。
SAについてから本番まで結構な時間があったので、じっくりと堪能。

「お焼き」とか、蕎麦とか、たらふく食ってしまった。。。。
SA内は完全禁煙になったんですね!?

ちょっと前の記憶だとSAはパチンコ屋さん並みに煙ってるという記憶しかなかったのですが、かな~り綺麗でびっくりです。

お土産品などなどもかなりの充実度合いです。

ライブは18時30分頃から開始させていただきました。
遠くからお越しになってくださったお客様もいらっしゃいましたが、寒くてちょっときつかったかも。
あったかい時期だと、もっともっと楽しいと思うので再度チャレンジしてみたいですね。

日曜日, 12月 23, 2007

呼び名と人間関係

ネタの焼き直しっぽいですが。。。

最近新人さんが増えてきていますが、私のことをどう呼んでいいのか?やっぱり迷うみたいです。

だいたい事務所に所属してスグの頃は、

「あの~」
「えっと~」

しばらくすると。。。
「小西さん」

随分経ってから
「社長」

その後さらに進むと
「?」
本人の耳に入りませんので分かりません。
(爆)

この法則を見ていると面白いです。
だいたい社長と呼んでもらえるようになるまで早い人で1ヶ月、長い人で数ヶ月かかります。

社長と呼ばれる頃には、冗談も通じるようになっていますし距離感というのが出来上がってくるころなのかな?と思います。

特に社長と呼びなさいという指導はしてませんが、だんだん社長と言うのが馴染んでくるようですね。
周りが社長と呼んでいるから、それに馴染むのかも。
あるいは、社長と呼ぶことに抵抗がなくなったときに、自分の中の何かが動いているのかも?

存在を認めたとか、信頼を置いたとか、無理やりでは無い何か形にならない物ですが。

これって親子の関係にも似てるかも知れ無いですね。
特に、男って子供を産めませんから、時間が経つまで父親という実感が沸かないんじゃないでしょうか?

いざ子供から「お父さん」と呼ばれたりするようになって、ようやく本当のお父さんになるのかもしれません。

社長と呼ばれることは10年ほど前はこそばいような気がしましたが、今ではスッカリ慣れてしまいました。


環境と言うのは、大切だなと思うのは、私の呼び名はあえて何も言わないようにしているのですが、先輩に対しては「姉さん」「兄さん」と呼ぶように最初に言ってます。

年齢関係なしで、自分より1日でも早く入った人はお姉さん、お兄さん。
某巨大エンタテイメント会社の真似してみました。

これは非常にいい癖と言うか習慣だなと思ってます。
呼び名というのは、人を形成する重要な要素なんだなぁと改めて感じます。

しっかりしてきたな~と思ってたらよく考えるとまだ10代だったなんてことも、、、

さて、今日は談合坂です。

土曜日, 12月 22, 2007

デスパレードの妻たち

NHKの深夜で放送されているのをちょこっと見てから見始めてしまいましたが、アメリカのホームドラマって何でこんなに面白いんでしょう?

よくよく考えると辻褄があってなかったりしますが、展開が速くて気にならないし飽きないようによく考えられていますね。

デスパレードというのは、崖っぷちという意味らしい。

崖っぷちと言えば、自分も色んな意味で崖っぷち。
まず、愛機のHDDから変な音がする。。。

これは数年前に経験済みなので、限界に達する前にということで内蔵HDDを購入しました。
作業はまだですが、交換ですね。
できれば年内にやってしまいたいです。

今日は、ちょっとした連絡確認ミスで大変な迷惑をかけてしまった。。。
最近ちょこっと忙しいというのは言い訳にならないですね。

大丈夫かな。。。とタカを括っていると、落とし穴に簡単にはまりまする。
大丈夫じゃないと言う前提があれば、、、ネ

しか~し、男って質問されるとケンカ売られてる気がするのは自分だけなんでしょうか?
向こうは普通にしゃべってるんでしょうけど、「何で?」と聞かれると爆破スイッチが入ります。
いやいや、質問されるという行動にスイッチが入るのか?

まぁ、そういうことでむかっ腹立ててるほうが大人げないですね。(反省の弁)
自分の意図が伝わってないから質問を浴びるわけであって、コミュニケーション能力の問題か?

それにしたってちょっとこっちの意図も汲んでくれ。。。というのは、まだまだ甘い証拠ですな。

神田先生の言葉をお借りすると、成長するときは問題が次から次へとやってくるんだそうです。
ガンダム無双みたいなもんでしょうか。
問題が何かを教えようとしてくれているのであれば、問題に感謝ですね。

はよ結果知りたいけど。

金曜日, 12月 21, 2007

楽しくもあり、しんどくもあり。

フジテレビもやしもん最終回でしたね~
大好きなアニメだったのに。。。

今日のアニメのなかの台詞「嫌われないように生きていることが、(他人に)ばれると嫌われるよ。」
何気ない言葉なのに、ぐさっ!

かといって、誰とでもガチンゴチン当たっていってもいいものか。。。
当たってるほうはいいでしょうけどね、当たられてる方はたまったもんじゃないかも。

まぁうじうじと考えながら生きてます。
さて、戯言はそんなところで、今日はハイジアさんでライブがありました。

ハイジアさんで抽選会とかワゴンセールがあるので、夕方のライブが無かったので時間押せ押せでしたが、何とか立ち回れて無事に終了できました。

考えてみれば、もう3ヶ月やらせていただいてるんですね。
慣れていくのね。。。はガンダムのセイラさんですが、慣れていくもんです。

そのうちニュータイプになれるかも?

うちの子たちは、寒い中元気にステージこなしてくれました。
各自課題はあるようですが、お客様が喜んでくださることがやっぱり大事です。

一番上のお姉ちゃん中澤京子。




2番目のお姉ちゃんの椎原ちひろ。



この2人は、明るく頑張ってます。
それぞれが違った持ち味を少しづつ出せてきているのかな?伝えようとしている姿勢が現れてきています。
来年がもっと楽しみ。

最近、ずっと思うのですが続けることって大事だなということと、続けさせてもらえるって凄いんだなということです。

最近入った矢島裕規も悩みながらやってるようですが、それでいいと思います。
今までとは違った環境、自分にとっての逆境!
目の前で結果の出てしまう怖さ、人から浴びる批判の厳しさ、そういうもの全部が血になっていくと思うので、傷つきながら頑張ってほしいですね。


ハイジアさんの後で、SRIの忘年会の席でも中澤京子が歌を披露させていただきました。
Gt栄輔とVo中澤京子。

歌う環境としては、かなり良くなかったと思いますが、そういうことが細かいことなんだと思えるのは、やっぱり歌い終わってから拍手をもらえることですね。

そして歌舞伎町が生んだエンターテナーと紹介をしてもらえることだと思います。

花を持たせてくださってるんだなとは分かっていますが、それでも今まで2年ほどですが続けてきたおかげだな~と思います。
そして、そういう場所をいただけたという事に改めて感謝しなければなりませんね。

歌舞伎町に感謝!
歌舞伎町で汗流している皆さんへ感謝!

木曜日, 12月 20, 2007

都内某所~四谷

「中澤京子の勝手に姉妹都市宣言」の取材活動で都内某町に出動してきました。

中澤京子には縁のある街なので、来週の番組をご覧頂くまでは内緒にしておきますが、楽しい内容でお届けできると思います。

今まで見過ごしていたものとかを改めて見つける機会になって自分の為になる取材になりました。

その取材の帰り道に沖縄の物産店を発見してふらりとINしてみました。
このお店、ほぼ沖縄価格で販売されていてビックリ!

東京価格の沖縄物産店が多いのですが、たぶん現地の普通のお店と同じくらいの価格です。
WAO!良心的!

嬉しくなって、紅芋ちんすこうだの、チョコちんすこうだの買い物してしまいました。
前から買おうと決めていたシーサーもGET!
本当は杉並の沖縄商店街に行こうとしていたのですが、こんな形で出会えるとは。。。

ちんすこうをもぐもぐしながら歩いていると気分は沖縄です。
がっしか~~~し、
沖縄の今日の気温は21度。
東京は最高気温が12度だったそうです。

寒い。。。

沖縄に取材旅行行かしてくれませんかねぇ?

そんな楽しい取材を日中で終了し夜はライブインマジックさんにkanaの出演があったので行って来ました。
今回で2回目とあって、kanaもかなり落ち着いた様子でした。

来年の1月28日にも出演させて頂くことが決まってライブインマジックさんでまたお世話になります。
お客様の中にkanaのことを憶えていてくださった方がおられたようです。

こうやって少しづつ溶け込んでいけるように頑張ってほしいものです。

明日は、今年最後の歌舞伎町ライブミュージックINハイジアです。
現場仕事があと3つ!

水曜日, 12月 19, 2007

忘年会

歌舞伎町商店街振興組合の忘年会に参加させていただいてきました。

今年の秋くらいから歌舞伎町の街中で「こんにちわ、中澤京子です。~~~」というキャッチ撲滅運動の宣伝が流れているのですが、最初は誰だ~あの女の子?という雰囲気が中澤が触りをマネしただけで、おぉ、あの子ね!と一挙に場が和むという絶大な効果を発揮しまして、やっぱり聞きなれているというのは、恐ろしいほどに効果があるもんなんだなぁと実感。

せっかくのチャンスだったので、楽曲でもBGMで流してもらえばもっと良かったか?と欲深いことも考えてしまいましたが、名前を覚えてもらえる機会を与えてもらっただけで幸せですね。

来年は、もっと積極的に歌舞伎町をPRしたいと会長さんもおっしゃっていたので、何か貢献出来る様なことができるといいなと思ってます。

月曜日, 12月 17, 2007

あし@

自分のブログにMIXIみたいな足跡機能があったら。。。そんな欲張りなことを考えていたら、あし@というサービスがありました。

この画面の左上に出ていると思うのですが、使い方が複雑怪奇。。。
友達申請したくても、なんかシステムエラーの連発でできません。

という訳で、もう少し慣れるまで時間が必要みたいですが、なかなか便利です。

日曜日, 12月 16, 2007

歌舞伎町に帰りたいッ~

秋葉原にあるドレスカフェというところで、抜き天オーディションライブがありました。

参加させていただいたのは、椎原ちひろ、kana、朝倉奈月の3名です。
各自1曲と言うチャンスの中で精一杯やれたと思います。

初のオーディションということもあって緊張?もあって表情はちょっと固かったですが、ステージに上がってしまえば、そう言う雰囲気も吹き飛ばしてくれました。

AWAYのグランドでのステージは、三名それぞれ何かを感じて摑んで帰ってくれたと思います。
なお、GYAOで3名のコメントが放送されると思うので、観てくださいね。

そうそう、題名は椎原ちひろの今日いちばんウケタ発言!
何度もステージをさせて頂いていると知らない間にHOMEの感覚が育つもんなんですねぇ。。。
17歳が歌舞伎町にって。。。誤解受けそうな発言ですが!?
バックの演奏チームと組んでの歌唱にすっかり慣れてしまっているので、一人で立つステージは相当緊張した模様です。

自分も歌舞伎町と音楽にどっぷりと浸かってみて丸2年ですが、余りにも近所すぎてHOMEの感覚がありません。町内会みたい?
来年は、もう少し回りの皆さんと一緒に大きなステージをやりたいと画策中です。

たくさんの人に音楽に触れてもらうには、まだ道は遠いのか。。。
今日、大阪出身のお客様がいらっしゃっていて話しをしていて気がついたのですが、大阪と東京を比べるとライブハウスそのものの数が圧倒的に違うんですね。

環境のことを考えれば、やはり東京と言う場所は恵まれているんだなぁと思います。
その東京に居ても、実際にライブハウスで音楽を聞こうかな。。。と言う人の数は、iPODで音楽聞いている人の1000分の1にも満たないのかも知れません。

音楽というのは、まったく同じ曲を同じ人間が同じように歌っていても日々進化を遂げていきます。
進化していくのは、アーティスト本人の思い入れや練習や、お客様からの応援とか日々受け取っているものがあるからですが、それが楽しいものなんですよ~と声を大にして伝えたいですネ。

ライオンズクラブにて。。。

実は、かなり小さい頃に祖父に連れられてライオンズクラブに行ったことがあります。

小学校の低学年くらいだったと思うのですが、ライオンズクラブって何するところ?
という意味も分からず、とりあえず座ってなさい!みたいなノリで行ってしまった。。。

でもたくさんの大人がいて、拍手とかをして、最後にご飯を食べたような気がする。
もうかなり前に祖父も亡くなってしまったのですが、いまでも憶えている記憶の一つ。

物凄く可愛がってくれたたんだなぁと思います。

それから30年以上経って、ご縁がありライオンズクラブのクリスマス例会に中澤京子がステージをさせて頂きました。
何か記憶と実態が繋がる不思議な感覚です。


しかし機材組み立てるの早くなったな~自分!
音響も演奏者の細かい動きにちょっとついて行ける感じです。
ギターをマイクから取っているので、芯が外れると音が薄くなるのが難点ですな。
楽器用マイクを買ってみようか?思案中です。

新しいゼンハイザーのマイクと中澤京子のヴォーカルも相性がいいようで、今日のステージも伸びやかにやらせて頂けました。
この数回のライ日で急激に立ち上がりがよくなってる感じです。
来年に向けてどう成長していけるのか、、、また楽しみです。



さて、明日は新人3名のライブが待ってます。
パフォーマンスを問われるライブだそうで、皆さんからのアツイ応援をお待ちしております。

土曜日, 12月 15, 2007

α派が一杯朗読会~

バイバTOEOでご一緒させていただいた福丸伯爵の出演されている朗読会を聞きに行って来ました。

最初は、どんなだろ~と思っていたのですが、目を閉じてじっと聞いていると頭の中で勝手にアニメ化された物語が。。。

内容は結構シュールな感じではじめての経験でしたが、楽しめました。
アコーディオンの奏者の方も入っていて、雰囲気がありました。

思い切って照明は落としてしまって、しゃべって居る人だけにピンスポが当たって切り替わっていくような演出があると集中できるんじゃないかと思ってしまいました。
シンセなんかを持ち込んで効果音とかあると面白いかも。

最近、音響だとか舞台設営だとか妙なところに借り出されるので頭の回路が変ですねぇ!
日曜日までやってらっしゃるようなので、お時間がある方は是非是非!
19時30分~江古田です。

金曜日, 12月 14, 2007

12月16日ライブイベントに新人3名一挙出演の巻き

会場 dress cafe(dressTOKYO 1F)
千代田区岩本町3-8-7
秋葉原(昭和通口)から徒歩3分です。
開場:18:00 開演:18:30

こちらに椎原ちひろ、kana、朝倉奈月の3名が出演させていただきます。
このLiveは、Gyaoの番組ヌキ天のオーディションを兼ねておりまして、会場の皆さんによる投票で出演できるかどうか決まるんだそうです。

もし日曜日の夜にご予定が無い方がおられましたら、応援しにきてくださると嬉しいです。

火曜日, 12月 11, 2007

ちょっとづつ、ちょっとづつプロって何だろ?て思った日。

今日アーティスト志望の方と打ち合わせしてましたら、ふっと随分昔のことを思い出してしまいました。
(まじめに話しは聞いていたので、誤解のないように。。。)


ちょうど30歳くらいだったから10年も前のことなんですが、初対面の方に「僕は、プロってのは認めてません。」と言われて面食らいました。

その方のポリシーで、「どんな仕事でも長年やってれば上手くなるんだから、この世にプロなんてものは無いんだ。」と言う意見だったのですが、猛烈に腹が立った癖に言い返せなくて悔しい思いをしたことがあります。

人によって定義は違いますよね。

ここのところ、プロって何だ?って考えなければならない場面に何度か遭遇していて思ったのですが、プロって自分の気持ちの中にあるもんだと思うんです。

お金を頂けるとか、頂けないとかそういうアプローチじゃなくて、俺はプロなんだという意識を持って「それ」をやるのか、やらないのか。。。そんな所に答えがありそうな気がしますね。

突き詰めると、結局何のために「それ」をやるのか?とか、誰の為に「それ」をやるのか?と言う複雑な問題になってしまうのですが、自分の為になることが、人の為になることというWin & Winな関係を築くことができたら、それでいいんじゃないかと。。。思ってます。

今日は、貴重な出会いでした。

チタンで目覚めが良くなるのなら、試してみたい!

メンズセレクトショップカタロガーにチタンシャツというのが売ってます。

このシャツ「肩こり、腰痛、ギックリ腰、五十肩、坐骨神経痛、気管支喘息、自律神経失調症などに効果が期待できる。就寝用としてだけではなく、インナーウェアとしてYシャツの下に着こんでもOKだ。洗濯機で丸洗いもできる。 」そうですが、本当なのでしょうか?

かなり試してみたいんですけど。。。

目覚めの悪いのは親譲りで、朝一番にかかってきた電話で起きた日は一日の大半を機嫌悪く過ごす始末なのでしゃきっと目覚められるなら4000円弱の投資は安いもの?

しか~し、洗濯毎日できないから相当数買いだめするしかないやんけ!ということに気がついてしまった。。。

一見して安そうなものも冷静に考えるとお高いということは良くありますね。
このシャツも結局は4~5枚買いだめすると2万円近いお買い物です。

実は2万円も出すと、チタンのネックレスだとか腕輪が買えてしまいます。
しかもあくまでもシャツですから、何年も使うという事はありえないですね。

この商品を考えた人は、商売人の鑑ですな。

日曜日, 12月 09, 2007

新宿~秋葉原2往復の刑

あっとザチャレンジの第1回目の放送に、あっとおどろく放送局さんへ行って来ましたよ。

今回から4回の予定で「中澤京子の勝手に姉妹都市宣言!」という番組が始まっています。
秋葉原を起点として新宿~八潮と結んでいく予定で、かなり前からちまちまと準備をしておりました。

そして本番前、ようやくスライドショーで発表する写真をSDカードに入れ込んで、いざ秋葉原へ。
時間にも余裕あるし、こりゃうまくいくぞぃなんぞと思っていたのですが。。。

到着してプレビューしようとしたら、画像が一枚もありません!!!!
引きつりますね、こういうとき。

しか~し、考える余裕もありません。
本番まで40分。

秋葉原から猛然と新宿へ走りました。
多分、365日分走ったような気がします。

運動不足+長年の喫煙習慣、さらに普段から慌てていても走らないという妙な信条のお蔭で足の筋肉が弱ってます。
こんなに走ったのは多分中学生のときの剣道部の合宿以来かも。。。

もうあと1年走りません!
事務所に戻って確認したら、SDそのものが死んでました。
なんとカードは認識するのに、コピーが出来ない!
こういうことがあるんですねぇ!(変なところ感心)

予備のSDにHDD内に残してた写真を再度コピーして何とか助かりそう。
バックアップしてて良かったです~

どう考えても40分で新宿~秋葉原の往復は無理なんですが、なんとか19時10分頃に到着して本番中に滑り込みましたが、中澤には余裕のない仕事をさせてしまいました。

写真無しで15分ほど繋いでもらってましたが、かなりきつかったらしい。(当たり前ですが)
ネタは面白いものがあるので、又の機会にご紹介させていただけると思います。

中澤京子が悪いわけじゃないんですが、『自分の対応力がまだまだなんだ』と言われ励まされるしゃちょ~でした。

そんなこんなドタバタの中何とか終わった放送でしたが、見てくださった皆様!ありがとうございます。
次回は12月30日の放送です、¥。
それまでに今日の反省点やなんかも踏まえて中身の濃い放送にしたいと思いますので、ぜひ見てくださいね。
また、機転を利かせて対応くださいましたあっとのスタッフの皆様、感謝です。
ありがとうございました。

八潮駅にて。。。スターライトライブ


今朝のブログ記事の通り、TX八潮駅に行って来ました。
秋葉原から17分なんだそうです。
今日は機材の関係で車で行きましたが、電車なら新宿~八潮は40分くらいですね。
こんなに近いんですねぇ

ちなみに、この看板ですが秋葉原の駅にも飾っていただいていたそうです。
おぉ~感動




スターライトらしく、電飾で一杯飾りつけされた素敵なステージでした。
この飾りは八潮の地元の方々が全部してくださったとのこと。
嬉しいですね。
OPENINGには、八潮市長さんも挨拶をしに来てくださっていました。
八潮が芸術の発信の場に。。。ん?どっかで良く聞いているフレーズ?
そうそう、歌舞伎町でよく聞いてるフレーズです。
そういうことなら、お任せくださいって感じですが、残念ながら市長は私をご存じないので、いつの日か。。。

中澤京子は、メインゲストという扱いをしていただきました。
いや~しかし、今日の中澤は斬鉄剣の石川五右衛門みたいにキレが良かったですよ。
会場の皆さんの暖かい拍手と相まって、いいステージが出来たと思います。

中澤京子の1つ前の出演者さんは、ロックバンド編成。
当然ですが、アコースティック編成の我々とは音の厚みが違うので、通常ですと寂しい感じというか物足りない感じになってしまいます。

がっ、しか~し今日の中澤バンドは、まったくロックバンドに負けて無かったですね。
むしろシンプルな中に芯のような物が生まれていた感じです。
(パーカッションにマイク2本用意してもらったのも効果が大だったか!?)

小さい子がいたんですが、一所懸命合いの手を打ってくれました。
子供と言うのは正直です。
楽しくなかったらイスに座ってじっとしてませんからね~
その子が、大人に混ざって合いの手打ってるということが全てを物語っている気がします。

遠くから駆けつけてくださったファンの方もありがとうございました。
寒風の中ずっと座っていてくださって、本当に嬉しい限りです。
風邪引かないで~


演奏陣はGt栄輔。


そして、さとちゃん。
さとちゃんの被っている帽子は、実は会場でスタッフに配布されたものです。
TXさんの帽子でロゴが入ってます。

そして、今日のステージに呼んでくださったエンカペラGの林田さん(Vo)ありがとうございます。
音響さん始め、スタッフさん寒い中頑張ってくださってありがとうございます。

そしてそして、最後まで会場で聞いていてくださったお客様のみなさん、ありがとうございました。
感謝

土曜日, 12月 08, 2007

八潮駅スターライトライブ

今日の午後16時くらいからTX八潮駅の改札付近特設会場で中澤京子出演のスターライトライブがあります。

このライブは、先日のシンフォニーライブでブッキングしてくださったエンカペラGさんのご紹介で出演させて頂けることになりました。
ありがとうございます。

すっかり野外ライブに慣れてしまいましたが、いつもの新宿とは違うということで今からわくわくしています。

よくよく考えてみますとIQgとして埼玉にライブをさせて頂くために出かけるのは初めてのことです。
ほぼ3年この仕事やってて珍しいことですね。。。

これからはどんどん外にも向かって出張っていきたいです。

この会場でお世話になるエンカペラGさんのコンサートが横浜関内ホールで12月16日にあります。
演歌?と思われて敬遠される方がおられるかもしれませんが、自分が聞いた率直な感想を言うと、とてもポップなエンターテイメントです。

アカペラで演歌を歌うというところばかりが強調されがちですが、アニソンなんかも歌われるようですからお子様も楽しめるのでは?
お昼の公演みたいですから、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

金曜日, 12月 07, 2007

宴の後は。。。(プロのミュージシャンになりたい子は読んでね)

兵どももなんとやら。。。
昨日の夜の部のジャズ演奏の片付けにアシベ会館へ行ってきました。

誰も居ない会場というのは、寂しいもんです。
昨日たくさんの人が集まって喧騒としていたことが嘘みたいです。

昨日は、正直大変だった。
お昼の演奏が楽しかった分、夜の部は自分にとってかなり辛いものだった。

幸いにも、夜は、うちの子たちのステージが無かったのが小さな救い。

ヴォーカリスト無視して勝手に演奏始めておいてサウンドチェックしたら、「俺の演奏中に何やってんだ!」と文句垂れる奴。
サウンドチェックはダメだけど、怒鳴るのはいいのか?

バックバンドってヴォーカリストの為にあるんじゃないのか?
なのに、ヴォーカリストが待ってるのに本番前のリハーサルしないんだ!
時間もあったし、メンバーも揃ってたし、やれなかったんじゃなくて、やらなかったんだよね?
驚愕の事実だ。

うちの子のバックでそんな奴がいたら、ステージから引きずり降ろして帰らせる。

そんな胸の内を分からないように歌ってくれたヴォーカリストさん、ミコ高城さん、偉いよ。
ミコさんには、何もしてあげられないスタッフで本当に申し訳なかった。
猛然と後悔が襲ってくる。

司会に何にも告げずに、ただしゃべれというバンマス。
段取りする日なんていくらでもあったんだから、今の時代メールもFAXもあるんだから準備しとけよ。

しかも「俺がしゃべるから」と言って何も説明しなかったくせにMCのネタ尽きたら今度はマイク使って場内アナウンスで呼び出しですか?
しかも本番中に。。。あまりにお粗末

せっかく綺麗なドレス着くれたけど、朝早くから美容院にも行ってくれたけど、中澤京子には司会撤退させました。
「もういいから座ってな」って。
仕事取り上げてすまん。

あまりに頭にきてたんで八つ当たりしてごめんなさいNJさん。顔見てると安心しちゃうんです。

今日になって冷静さを取り戻してみたら、お客さんは楽しんでくれたのだろうか。。。?
いや、きっと怒ってるな。
ちょっと疑問に思ったりして感傷的な気分になります。

仕切り切れなかった自分が結局悪いのか。。。


そして、その残務整理。


ポツンと置き去りにされたドラムセット。

機材を持ち込んだ人が今日取りに来るということらしいんだけれど、打ち上げと称して酒飲む暇があるんだったら、ドラムセット崩してから飲んでくれ。。。

仕方が無いので、地下2階から階段しか無いのに運搬作業。
エレピとアンプも置き去り。
楽譜も置き去り。

音響機材崩してる作業してるの無視しておしゃべりに夢中になってもいいけど、翌日取りに来るのが分かってるなら、入り口までは持ってあげといてくれ。。。
しかも裸かよ~
鍵盤壊れたら困るの誰ですか?
せめて、ケースくらい入れておこうよね。

自分には演奏する技術も、歌う勇気も無いけれど自分のところの機材を一晩放置していく根性はないな。
それから迷惑かけたの分かってるのに挨拶もしないで去る根性も勿論ない。

自分の会社の子達ではないので、文句も言わないし、機材取りに来たときに挨拶すらしなくても、あぁこういう奴らなんだなで済ませてしまうんだけれど、多分、何かのご縁があってもバックバンド演奏を依頼することはないだろうな、と思う。


向こうだって、お前のところなんか金積まれても演奏してやるかっ!と思ってるかもしれないね。
まぁいい、必ず結果を出して見返してやる。

しかし、こういうことを平気でしているのは、うちの子たちの倍以上の年齢の人たちだと言う事実に驚くばかりです。
いかに、うちの子達は優秀で素晴らしい子たちなのか、本当に天に感謝すべきです。
一緒に仕事をする人間でこうも違うのか、思い知らされた気がしました。

あぁ、恵まれてるんだ自分。

だから、文句は言ってるけど恨んだりしてませんよ。
うちの子たちが素晴らしいと教訓まで与えてくれたんだから、、、

宴のあとを見ると、音楽を本当に愛しているのかどうか、何となく分かるような気がするのは自分だけなんだろうか?

ちなみに、うちは「打ち上げ」も「反省会という名の食事」もありません。
演奏が終了したら、出来るだけ早く撤収して解散。
「サラリーマンの人が一仕事終わるたびに打ち上げしないでしょ!」
と言う社長の一言で片付けられている我が社の歌い手たち。

歌とか、演奏とか仕事としてやらせてもらっているのだから、当たり前だと思ってます。
お金がもらえるとか、もらえないとか色んな種類の仕事があるけれど、それは本人の気分の問題かなと思う。
例えお金がもらえない仕事だったとしても、自分がそれを仕事と思ってやったらプロの現場になるし、お金がもらえないんだから仕事じゃないと思った瞬間にアマチュアの現場になるんだと思う。
もちろん、お金はいただけたほうが嬉しいけれど。。。

お金もらえないんだったら、それは仕事じゃないという考えの人も入るだろうと思いますが、その意見には賛成できない。

お金を追いかけるんじゃなくて、お客を追いかけるべきだよね。
お客の笑顔を追いかけるべきだよね。
だって、プロなんだから。

木曜日, 12月 06, 2007

ハイジアライブ~アシベ会館photolog


オーケストラの後と言うこともあって、なかなかやりづらい環境の中でしたが、最後まで頑張りました。
矢島裕規



今日は、半谷さんとではなくGt栄輔との初共演。
朝からリハーサルをして今回挑みました。
ファンの方からの暖かい声援もいただけるようになってきましたね~


いつもと雰囲気の違う中澤京子です。
トップ12時から最後22時まで良く頑張ってくれました。


アシベ会館の司会おつかれ~の画像オマケ

水曜日, 12月 05, 2007

怒涛の本番週の2日目ハイジア~アシベ~歌舞伎町るねっさんす

良く考えたら、今週は本番が3つもありました。
今日は12時からハイジア会場のライブです。

途中休憩などありますが、夕方の17時まで盛りだくさん(アンフィニ・オーケストラも)で演奏させていただきます。

その後、夜にはアシベ会館でジャズ演奏会(歌舞伎町ライブミュージックプロムナード)です。
IQgのメンバーの歌の出演はありませんが、中澤京子が司会で出ます。

もしお時間がある方は、ぜひお越しになってください。

クラブロータリー@歌舞伎町風林会館

今日は、クラブロータリーさん4周年の記念ということで中澤京子の特別ステージをさせて頂いてきました。

今年からお世話になって時々歌わせて頂いていますが、前回から楽器陣参加で生音でやっております。
そして、今回から楽器陣増え3名体制でのステージです。

クラブというところで、皆さん楽しくお酒を飲んでおられる席ですからライブハウスとは一味違います。
とてもいい経験をさせて頂いていますね。

ライブハウスとか、ライブバーしか知らない若い世代の子の方がきっと多いのでしょうが、ずっと昔はこういうクラブはたくさんあったような気がします。
(踊る方のクラブじゃないですよ、念のため)

古い映画ですが、あなたの恋にリフレイン


これなんかに似てますね。

火曜日, 12月 04, 2007

矢島裕規@サンダースネーク厚木

今日の夜、厚木のサンダースネーク(神奈川県厚木市旭町1-22-2 YSビル1F)で矢島裕規がLiveに出演させていただきます。

彼の新曲も披露されるんだとか。。。
明日は、本番が重なってしまっているので彼のステージにはいけないので電話で様子を聞いてみたら、かなり自信をもって臨めるようです。

色んな思いを詰めて明日は歌いますので、もし厚木近辺の方がおられたら是非足を運んでみてください。

有楽町に丸井

かなり長い間、有楽町に用事も無かったので行ってなかったのですが、今日ちょこっと行ってみてびっくり!

なっなんと!有楽町に丸井が。。。
新宿で見慣れたのとほとんど同じ形のビルが建ってました。

しかし、どうも交通会館の隣にで~~~んと丸井があるというのは、かなり違和感があります。
交通会館もイルミのせいか、ちょっと綺麗に見えました。
丸井はやっぱり新宿3丁目になくちゃね~(すみません、大きなお世話ですね)

しかし、いかに新宿から出ないか。。。ということを実感してしまいました。
ちょこっと出歩かないと、こりゃヤバイですね。

月曜日, 12月 03, 2007

Blade Runner

週末といえば、バルト9です。

Blade Runnerファイナルカットが12月7日まで延長されています。
19時~と23時30分~の2回だけです。

深夜版に行ったのですが、風邪菌にかもされていると思しき方が隣で、おそろしく鼻息が大きい。
こりゃ参りました。

映画の音声にダース・ベーダーの呼吸が混ざって聞こえる感じです。
主人公のデッカードがなぜか、ハン・ソロに見えてしまう!
こういうとき座席指定は辛いやね。

しかも、どっかの方が眠りこけてしまったようで、劇場内に思いっきり響く「いびき」。
これは流石に、近所の人が起こして注意してました。
深夜版ならではです。

映画の方は、いま見てもすごく新鮮ですね。
というよりも、今の映画になくなってしまったような魅力があるような気がします。

昔、デッカードになりたくて散髪屋に行ったら、とんぼの長渕さんになった経験があります。

土曜日, 12月 01, 2007

強さとは。。。

芸能界で仕事をしようと思ったときに、賛成をしてくれる親っていったいどのくらいいるのでしょう?

「いいかげんにしなさい!」
なんて言われて諦めるという話はたぶん一杯あるんだろうなぁと思います。

自分自身もまだ随分若いときに、写真の専門学校へ行きたかったのだけれど、親の反対で普通に進学したという経験がありますね。

最大の理由は、そんな学校に行って失敗したらどうすんだ?
というのが親の気持ちだったらしい。

結局、プロのカメラマンにはなれなかったけれど、何だかんだと遠からず写真とは関わって生きているから縁があったのでしょう。

『学費も生活費も一切払わないし、家も出て行ってもらう』と言われれば、そりゃ親に従いますわな。
わたしゃ、バブルで学生が外車乗ってるときにバイトしてラーメンすすって生きることを選べるほど根性のある若者じゃなかったです。
はい。

だから、うちの子たちみると偉いな~って思ったりします。
貧乏ながらに、上手い具合にやりくりして歌手を目指している若者に敬服!

話しが戻りますが、もう随分前のことだし、今の人生に満足してるので恨んだりはしませんが、そのとき確かに自分の人生の岐路に立っていて、自分の力で行きたい方向へ行けなかったというのは事実。

今の若い両親には、そう言う昭和1ケタな考えの人は少ないだろうと思いますけど、平成のこの世でも、かなりの人数の子が親の反対で諦めているというのは現実だと思う。

こういう話をすると、『親の反対を押し切れない時点で、芸能界に向いていないんだ』とか、『そんな根性で芸能界で生きていけるわけがないんだから、潰れて当たり前なんだ』と言う骨のある意見を聞く機会が結構あるのですが、私自身はちょっと違うと感じてます。

根性のある奴はそれでいいと思うけれど、芸能界には根性のない奴は必要ないのうだろうか?
芸能界は、芸を売るところで根性を売るところじゃないはず。

弱い、そんな奴らの中に、物凄く人を感動させられるような感性を持っている奴とか、物凄くピュアな心だったりを持っている奴もいるんじゃないだろうか?

強さと言うのは、結局随分後になってから手に入れるもんなんじゃないだろうか?

それを根性がないという強者の考えだけで排除していくのは、どうなのよと思うんです。

もうちょっと手差し伸べる感じでいいんじゃないの?と思うわけです。
大人としては、「チャンスがあるよ」ということは世の中に声を挙げていきたいですね。

BMWの回し者

新聞の折り込み広告でBMWの1シリーズのキャンペーンを発見。

アンケートを書くだけでイス(折りたたみ)がもらえるんだそうで。。。
早速出動してきました。

西新宿にあるBMW。
受付でアンケートただ書くだけで、ものの数分滞在しかしてませんが、ちゃっかりと頂けました。

いやぁ、さすがです。