金曜日, 2月 02, 2007

柴田よしきさんの新刊を求めに新宿東口の紀伊国屋書店へ。
お目当ての本は、所轄刑事麻生龍太郎

この小説だけを読んでもきっと面白いでしょうが、RIKOシリーズを読破したら相当はまると思います。

御苑の近所では売ってなかったのです。
新宿と新宿御苑。。。歩いて10分ほどのこの距離が実は遠いんです。
町名で言えば、新宿3丁目と新宿2丁目。
ところが「御苑大通」から西へ向かうと雰囲気が一変します。

まぁ人がケタ違いに多いです。
さらに行きかう人々も種族が違うような気さえします。

特に夏は歩きにくいです。
新宿の住人である以上、新宿通を歩くからと言っておしゃれなどは一切しません。
キッパリ!
夏は短パンにTシャツ、さらにサンダルです。
下町のおっさんと化してますね。

そんな自分ですが、今日はウロウロと街をぶらついてしまいました。
3丁目の旧松竹がマルイに生まれ変わっています。

既に服屋さんの商品の納入などが始まっているようですね。
窓越しから吊るされた服がちらほら見えています。
1階にヴェローチェ(正確には地下1階)も入るようです。

サラリーマンの聖地ヴェローチェと、若者の聖地マルイは合うのか?
ちょい疑問。

さらに、このマルイはシネコンになるようですね。
ただでさえ込んでいる海と映画館は大嫌いなので深夜か平日にしか映画を見に行かないので、常にどんな映画館でもシネコン状態の自分には余り関係が無いかも。
しかし綺麗な椅子とサラウンドの映画館は魅力的です。
できれば最前列指定で行きたいところですが、このシネコンはそんな我侭を許されるのか?
今から楽しみですね。