水曜日, 1月 31, 2007

Canon 1ds markⅡ のセンサークリーニングの為に西新宿にあるQRセンターに行って来ました。
昨日電話で確認したときは、いったんカメラを預かって2時間ほどで仕上がると聞いていたので、暇つぶしに映画でも見るか、それとも新しく出た50mm f1.2 も展示されていればいじくって遊び倒すか、と思っていたのですが、残念ながら現物は展示されていませんでした。

実際には、QRセンターで待たされた時間は20分ほどです。
雑誌など読んで、展示されているカメラなんかをいじくっておりますと、すぐに時間が来てしまいました。

で綺麗になったのか?
試し撮りしていないので分かりません。。。

話しは脱線するんですが、新宿都庁から新宿駅まで繋がっている地下の通路にある「動く歩道」。
関西人の私は、ぜったいに歩いてしまいます。
というか、関西では「動く歩道」で止まることを許されるのはご高齢の方とか、ケガをされている方など一部の人に限られているのでは?
み~んな動く歩道を歩く歩く。

でも関東の人?(厳密には全員とは限ってませんん)は、歩かないんですね~
これとっても不思議な光景です。

まぁ、そんなたわいもないことを考えつつ、第2の目的地のヨドバシカメラに到着。
普段から東口付近で何でも用事が終わってしまうので西口に来ると新鮮な香りがします。

お店的には圧倒的に西口がでかいし、品物も揃ってます。
センサークリーニングキットを物色するつもりで立ち寄ったのですが、静電気を発生させてセンサーをクリーニングするタイプのものの説明欄に「油のついてしまったブラシでクリーニングを行うと、センサーに油を塗っているようなものです」という一文にかなり「ひいて」しまい購入を断念しました。

私と言う人間は、かなりズボラな性格なんです。
しかもかなりのイラチです。
(関西弁です。「せっかち」という意味)
油を塗りたくるハメになりそうな危険なものを購入するよりQRセンターにお世話になればいいじゃん!というネットで調べればスグにでも分かりそうなことを、わざわざ歩いて確かめに言ってしまうという愚を犯してしまいました。

しか~し、転んでもタダでは決して起きない私は、他社製カメラに触手を伸ばし、いろいろ触らせてもらってきました。
機械としては、CANONのカメラは相当安心感があります。
1dsという機種は、最初は慣れない操作系に戸惑いましたが、いざ操作を覚えてしまうと、どうということはありません。
しかし、大人過ぎると言うか、面白さに欠けるというのも事実。

じっくり撮影したわけでは無いですが、ORYMPUSのカメラなんかはとても個性のあるシャッター音で小気味良い好印象でした。
かなりデカ物の1dsに比べて小さいカメラも気軽に持ち運べるように1台ほしいのですが、撮影画像はどうなんでしょうか?
気になるところです。